2005年12月16日

【恒例】 突発的なオイル交換

こたつよこたつ、この悪魔の巣に取り込まれてしまってから早くも一月以上が経とうとしているけれど、寒さは一段ときつくなってきましたね。車のほうもしっかりと暖気しなきゃダメっぽさ全開で、燃料の消費も何だかなぁって感じですわ。ごきげんよう。


さて、オイル交換です。

今回いれたのはcastrolのXF-08、SL級10W-40の部分合成油。冬場には少し硬いかもしれないけれど、近所のカインズホームで3K超えの商品が、出先のお店で1Kでお釣りが来るというお値段になっていましたのよ。どうせ今入っているオイルも黒くなっていることだし、少し早めの交換と相成りました。


インプレっていう程でも無いですが、やはり純正オイルとは一味違うのか何とやら。そりゃ新しいオイルだもん、エンジンがスムーズに回って言うこと無しですね。まぁちょいと峠や高速に乗れば分かるかも知れませんが、そんな機会も時期的になくなって来るからね。まぁ、性能的には過剰なのかもしれない...orz

ただ値段が値段、自動後退や黄色帽子あたりで同クラスのオイルを入れれば倍の金額はかかってしまう罠。やっぱりオイルは性能の良い物をまめに交換してなんぼ、このプライスはSUMIX並みに圧倒的だ。この際だから、残りのオイルも買い込んでおくのもまた一計。まぁ、他のオイルもいれてみたいからやらないけれど...


しかし、この時期はスタッドレスの履き替えとかが殺到するから、交換するのにも時間が掛かって掛かって、一時間半だなんて有り得ない。他の買い物ついでだったから良いもの、これだけを目的にいっていたら貴重な休日を無駄にしてしまっただろうに...

それにしても、交換しなきゃなんねぇ油脂類が多すぎ、溜め込んでいたらまとめてきやがったよ。分かりきったことなんだけどね、財布のなかは谷川岳上空よりも遥かに寒くなってきやがるぜ。後々の来るツケってのも、本当に大きいものですな。
posted by Gandhara at 22:37 | コメント(3) | トラックバック(0) | 車の雑記
2005年12月09日

【洗車】 初スピリット!

前回の洗車から早くも数週間が経とうとしているけど、その間にも汚れがどんどんと蓄積していって、クルマの輝きも見るに耐え難いものになる。そして暇な金曜の午後、すこしばかり風が吹いているようにも見えるけれど、シャンプー洗車でもしてやろうかなと外へ。


1. シャンプー

使用シャンプーはSONAXのグロスシャンプー、前回と全く同じパターンです。パッケージ裏の使用説明には、ボトル底のキャップで20ml云々と書いてあるけれど、確かにミニバンならばそれ位の量は必要かもしれない。だが、所詮は5ナンバーサイズのクーペにゃ半分で十分なのね、思いっきり無駄にしちゃったとですわ。


2. 水垢落とし

当初の予定だとシャンプーで終了だったけど、偶然にも風が止んだ為に洗車続行。本日買ったシュアラスターのスピリットを使用することに。以外にも、この製品を使ってみるのは初めて。研磨剤が入っているって話なので、どうしても使うのに二の足を踏んできたが、やっぱり下地処理はしっかりやらなきゃと実感。こいつは凄過ぎるぜ!

水垢もシッカリと落ちて、塗装面が新しく生まれ変わった感。要するにメイク落としになる訳なんだろうけど、これもサボってちゃお肌に悪いって事なんだろう。作業性も想像していたよりかは楽チンだし、まぁ真面目モードで洗車するならコレは欠かせないだろうな。何で今までノーマークだったと後悔...


3. WAXがけ

すでに辺りは真っ暗、やっぱり夜にWAXがけはする物じゃないですね。ふき取り残しが一杯、何度も鏡面クロスを往復させることになるとはね。ストックしといた現行カラーの鏡面クロスも袋から取り出して使う始末。ダメダメさんです...




ハッキリ言って、洗車は下地処理で大半が決まるね。いくら高い化粧品を使おうが、元の肌の状態が悪ければ美しくない、元は不細工ならば...と全く関係ない話ですか、そうですか。
だけど、手間と時間は掛かるから気楽にできないのが難点だね。シャンプーと同時にスピリットレベルの水垢落としが出来れば随分と楽になるんだけど、まだまだ技術は追いつかないだろう。まぁ、頑張った分以上に輝きますから、それだけでも満足ですよ!
posted by Gandhara at 21:31 | コメント(0) | トラックバック(0) | 車の雑記
2005年11月23日

【四輪】 憧れはコペン 

コレが人生。なyyさんのクルマがご臨終目前、冬の車検を待たずして乗り換える事になっったため、次の愛車を求めて某ディーラーへ。第一候補であるMAZDAアクセラがMCしたとの情報を受けてのことだったが、まだまだ時期が時期だけに試乗車や展示車などあろうはずもなく、カタログだけ貰って帰路へ。



そんな帰り道、通りがかったダイハツのお店。いちおう予算内で買える、非日常を感じさせる唯一のクルマって事でコペンを見る事に。もっとも彼も日ごろの言動から、コペンに対して好印象を持っていたのが伺えたので。

見ていて適当に遊んでいると、営業の人がやってきて説明を受ける。ナンバー付きだったので試乗を申し込んだらOK、というよりも凄いのが、15分くらいとはいえ自由に乗り回してきて良いとの事。そんなの初めてのことだし、まぁ2シーター故の事だろう。しっかりと免許のコピーはとってあるからね〜

自分はステアリングを握っていないけれど、これが1500kで買える軽自動車かと驚愕。キビキビした走りは中々良い物だし、なによりコンパクトで扱いやすいモノ。そして驚きなのが電動メタルトップ。なにせ他につんでいるクルマがベンツやレクサスなどの高級車だけに、こいつの存在はあまりにも大きすぎる。

天気が良くないから開けはしなかったものの、やっぱり晴れた日にコイツでドライブできたら幸せだ。メタル故に悪戯や雨漏りとかの心配もそれほど気にするないだろうし、なによりも職人が手がけているってのも萌え。クラフトマンシップを感じる事は、今の時代は貴重な存在だ!


個人的にはコペンだな。こっちの方が単純にクルマに乗るの楽しさ、持つ事の喜びを感じさせてくれる。軽だから税金も安いし、まぁ3年後、5年後にも多少はリセールが付くはず。だいたい、こんなクルマに乗る機会ってのも一生のうち、独パラの今を逃したら40年後くらいになってしまう。たとえ3年でもいいから乗るべき、とは思うけどね。

まぁ、人それぞれの価値観がある。様々な人間、僕よりも身近な周りの人間の意見もあるだろう。確かにコペンは素晴らしい、が2シーターのOPENに乗るには、やはり覚悟は必要だ。はたして薄暗くなった人生に、晴れる日はくるのだろうか?
posted by Gandhara at 23:53 | コメント(0) | トラックバック(0) | 車の雑記
2005年11月10日

【受賞】 COTYにロードスター

「マツダロードスター」、日本カーオブザイヤー受賞

日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会は9日、「2005―2006日本カー・オブ・ザ・イヤー」に、マツダの2人乗りオープンスポーツカー「マツダロードスター」(排気量2リットル)を選んだ。

オープンカーの受賞は初めてで、マツダの受賞は1982年の「カペラ」以来23年ぶり。車両の軽量化を達成しながら、バランスの良い走りの楽しさを実現したことなどが評価された。

マツダのロードスターは、1989年の発売以来、2人乗りオープンカー市場をリードし、累計生産台数が約73万台(9月末)にのぼる世界的な人気車種。今年8月に7年ぶりに全面改良して発売された3代目で、悲願の受賞を果たした。


かつて当blogでも新型ロードスターとして取り上げた事のあるクルマが受賞、こういうクルマだとなんか嬉しいとしか言いようは無いね。MAZDAの受賞も23年ぶりってのも凄い話だね、その間もバブルでの迷走とその後の低迷があったから仕方ないと言えばそれまでだが。ようやくトンネルを抜け切ったって感じがするし、はやく新型RX-7を復活させてくれればいう事もないんですよ。


しかし最近のCOTYはTOYOTAHONDAばっかりでウンザリだったよ。エビカニ攻勢だったか何だか良くわかりたくもないけどさ、おややって思う受賞が多かったね。それが今年はというと、幾分かはマシになったかなとも思うけど、ただ単に他のクルマもパッとしなかったといえばそれまでなんだろうけど。う〜ん、とりあえずどんなクルマでもサイドブレーキを引くヒョーンカが居なくなるまでは権威にゃならんだろうね。


さて新型ロードスターですが、僕的には良いデザインになったなと思います。確かにドンガラはでかくなって今までのユーザーから不満の声が出ていますが、やっぱりスポーツカーは北米マーケットの声を聞かなきゃ生き残れない訳でして、妥協せざるを得ません。
欲しいといえば欲しいけど、やっぱりOPに乗るのは覚悟がいるみたいだからね、そう簡単に決断は出来ません。ちなみにマツダレンタカーだと、ロードスターも借りる事ができるみたいですね。春の日差しが身持ちよくなってきた頃に、これを借りて日光まで行って来たいな。そうしたら、次のクルマの筆頭候補になるかもしれませんね。
posted by Gandhara at 02:15 | コメント(0) | トラックバック(0) | 車の雑記
2005年10月19日

【故障】 エンジンルームから

車 が ぶ っ 壊 れ た


毎度お馴染みになってきましたフレーズですな...


事の発端は先週末。日常点検のためにボンネットを開けて中を見回していると、クーラントを入れるタンクにちょっとしたヒビが走っているのを発見。ちょっと様子を探る為に触ってみると...

tank.jpg


Σ(||゚Д゚)ヒィィィィ


欠けた破片の一部がタンクの底の方に落ちていく。車検が近いと言えば近いのですが、このクルマも最低でも週に1回は使わざるを得ない状況、身銭を切って修理する羽目に...


近くの日産ディーラーに久々に足を運んだんですが、前はツナギを着ていたお兄さんが今日はスーツ、営業に転進したんだかどうかは解らんけど、破損箇所を見せたらさっそく部品注文へ。翌週には入るって事だし、値段もどうにか調達可能な金額なので直す事にしましたよ。


直ったのは良いですが...

タンクだけ直してもダメかもしんない。だってホースの辺りから漏れてれいるような気がする、いや確実に漏れているだろうなアレだと。まだディーラーからの帰宅にしか載っていないので判断するのは難しいですが、またまた出費は重なっていきそうな予感...

orz


この故障シリーズ、いつまで続くのか...


←前に戻る
posted by Gandhara at 22:29 | コメント(2) | トラックバック(0) | 車の雑記
2005年10月14日

【整備】 180sx月記

180sxが還ってきて早1ヶ月あまり、まぁ何か色々と御座いましたけど一切blogに書いていなかったですね。そういう訳ですが、1ヶ月の間にあった事を徒然と...

■ フロア下のイオン (参照

板金に出す前から変な異音がしていましたが、やっぱり返ってきてからも変え前される様子はない。乗り出して10分くらい経つと鳴り出すのかな、本当にげいいん(←なぜか変換できない)はショックアブソーバーなのかと疑問に思う。
なんだか良く解らないけれど、雨が降ると異音はしねーんだがなコレが。そして10月に入ったあたりからパタっとしなくなったよ。温度の影響か?

どの道、もうすぐショックはダメになる距離やし、足も固めたいから交換しますよ。



■ エンジンオイル交換

今回は奮発して100%化学合成柚。前回とはメーカー同じAgipのZEALA RACING 10W-50にしてみました。いやね、まぁここまで性能を求める必要はないだろうかとも思いますが、たまたま値段が特価セールだったものでしてね、どうせなら初体験という事になりました。
もちろんエンジンオイルを交換するだけで随分と車は変わるものだけど、やっぱり良い物は良い。加速していくリニア感が別物、エンジンを回したくってしょうがない。良いオイルをいれると一般的には燃費が良くなるそうだが、僕の場合は逆なのか...



■ シフトノブ交換

momo.bmp


イタリアはMOMO社のシフトノブ。握ったグリップ感が(・∀・)イイ!!

自分の身体に触れる部分にはこだわりたいな。次はレカロシートか?
posted by Gandhara at 01:40 | コメント(0) | トラックバック(0) | 車の雑記
2005年08月31日

【故障】 大穴を開けて

180.bmp


うわぁ... Σ(゚д゚lll)

何コレ? _| ̄|○

( ゚∀゚)アーヒャヒャヒャヒャヒャヒャ!!!!


夜遅くに板金屋から呼びだされて覗いてみると、真っ二つに折れたリアスポイラ―下に見える大きな穴。その大きさは拳一つは余裕で納まるのか、崩れ落ちる周辺部分も見る限り。もっと大きく病んでいるように見える。
話によると、過去にリアハッチ周囲をヒットしたらしく、その修理を随分と適当に施したようだった。事故車じゃないって事を念押しで買ったのにも関らずこのザマだ、やっぱり中古車って物は信用なら無い。

これ程にまで穴が開くと修理は不可能、新しいハッチに交換しなきゃならないようだ。もちろん予算は限られているので、中古部品を探してもらう算段だが、それでも当初の倍は値段が上がるのは確定路線。死亡フラグが僕にたった瞬間だ...



←前に戻る次に進む→
posted by Gandhara at 00:24 | コメント(0) | トラックバック(0) | 車の雑記
2005年08月23日

【故障】 見積もりだけ

車を買ったお店の修理工場へ。色々と見てもらったけどね、ちょっとあの見積もりはないんじゃないの。そりゃ確かにさ、買った時に下取り車を無理いって随分と色つけて貰ったけどさ、いくらここで利益を取り戻そうって言ってもね。今時ディーラーですらこんな値段だしませんぜ!

つーか、ダンパーの値段がありえない。通販でKYBあたりを狙っていけば、純正部品1本で社外品4本は買えてしまうんですが。工賃もハッキリ言って相場よりも3kは高い...

このままじゃあ20万コースだぁ、さすがにプールしてきた裏金や機密費じゃあ足りなくなってきたよ。直すよりかは手放す方も視野に入れてこなきゃだな...




←前に戻る次に進む→
posted by Gandhara at 14:03 | コメント(0) | トラックバック(0) | 車の雑記
2005年08月18日

【故障】 満身創痍の車

車 が ぶ っ 壊 れ た




うわぁぁぁぁぁぁッ、何コレ?

20日ぶりに自分の車を見たらさリアスポイラ―が外れかかっているんですけど。もう根元から折れちまってよ、地面に停め具が落ちてるわでどーにもなんねーっス。こりぁ高速走行したら間違いなく外れて後続車両にドッカーン、冗談じゃすまない事になるぞぉ!

それだけじゃあ収まらず、走り出したら問題は出てくる出てくる。助手席下のほうから何だか良くわからない異音がしてきてヒヤヒヤもんなんですけど。たぶんげいいん(←相変わらず変換したくない)は足回り関連だと思うけど、僕は一切車にのっていないんですよ、どういう事よ?

うわぁ、たった20日ほったらかしたからって、やっぱり物にもたっぷり愛情を掛けなきゃだめって事ですね。これを直すにゃぁ、金は飛ぶけど車なきゃ生活できない北関東。またまた痛い出費になるな...

orz




←前に戻る次に進む→
posted by Gandhara at 13:10 | コメント(0) | トラックバック(0) | 車の雑記
2005年06月30日

【故障】 そろそろ限界です

車 が ぶ っ こ わ れ た



ガチな話です、シャレになりません。

ヲイラの車は今は亡き180SX、ライトがパカッと開くリトラクタブルヘッドライトな訳なのです。今日もジムにて適当に体を動かした後、日も落ちた頃に帰ろうとした時に...



ガ━━ΣΣ(゚Д゚;)━━ン




ヘッドライトが片方しか上がらない...

時間が時間ですからディーラーも整備工場も開いているはずもございませんし、無理して自走して帰るのにも途中の道が暗い・危ない・PC出没っていう条件が揃いに揃っていますからね、そんな訳にはいきませんよ。

まぁ日産車は電装関係がダメになるって話はよく聞きますけど、まだウインドーが開かない程度なら許せます、快適性を無視すればなんとかなりますから。でも、ヘッドライトという安全に関る部分が壊れてしまったらどーにもできないですよ。やっぱり旧い時代のものは退場する時がきたのだと...


orz



とりあえずライトを消してから再度点等してみたんだけど、相変わらず片方しか上昇せず。だんだんとウリの脳内からカプサイシンが分泌されはじめ、恐れていたのはファビョン発動。まるでF5を連打するかのようにライトの点等スイッチを押していたら、なぜか両方上がったニダ!

⊂⌒~⊃。Д。)⊃


旧いから故障がボチボチ出始めてきましたね、修理費とか嵩んでいきそうな予感。そろそろ買い換える時期が来たんでしょかね、そんなお金は何処にもありはしませんが...




次に進む→
posted by Gandhara at 23:54 | コメント(2) | トラックバック(0) | 車の雑記
2005年04月29日

【blog】 新型ロードスター

blogブームとか言われて久しいですが、MAZDAも新型ロードスターのサイトの一部をblog化、トラックバックによるキャンペーンを展開している模様です。ハワイでの試乗レポーターを募集し、それをトラックバックで決定しようというんだけど、全く安易な企画だよMAZDAらしくて。

投票って事だけど、40人以上もエントリーしている中で、これこそはって人を探すのだけど、意外と悩んでしまう。それぞれのロードスターに対する想いが伝わってくるし、この中の誰のレポートだったら読みたいのかと考えなければならない。

そんな中から選んだのがNo.035、家族のためにFD型RX-7を手放したお父さんだ。選んだ理由ってのは、僕が昔世話になった人がNo.035の中の人と同じの赤いRX-7に乗ってて、子どもが生まれたのを機にアテンザに乗り換えたって話があった。
いくら好きな車とはいえ、家族のために無理してミニバンとかに乗らされているお父さんとか、見ていて切なくなるよね。望まない未来だけど、僕もいつかはそんな時が来てしまうのかもしれない。No.035の中の人ガンバレ、応援してるぞ!

それよりも、この新型ロードスターのblogは、トラックバックを集める事を最優先課題としているのか、跡を辿っての情報収集がダメだ。ロードスターや参加者とは関係無い記事からトラバ打ちまくり、読む気になろうかなと思うのは10%もない。
しかも、いざ飛んでみたら羊頭狗肉、アクセス乞食なアフィリエイト厨。おいおい、ドリコムでそんな広告のっけていいのかよ、規約違反じゃねーか。鯖の負担だから、運営もさっさと削除汁。
posted by Gandhara at 20:28 | コメント(0) | トラックバック(0) | 車の雑記
2005年04月21日

【自車】 車選びの基準.1

いつかは訪れるものですが、僕の180sxも残り半年で車検を迎えます。年式の割には、ボディに足回り、エンジン関係は調子が良いですが、塗装面と内装のヤレが一段と酷くなってきました。そして、年式的に自動車税の割増になるようです、そろそろ限界かもしれません。
本音を言ってしまえば、買うときから次の車検は通すつもりは毛頭なかったですからね、かなりの確立で手放すと思います。そこで次のクルマの話ですよ、いちおう新車で買う事を前提で。


クルマを選ぶ時の基準って人によって大きく異なると思いますが、ほとんどの場合だとデザイン・コンセプト・ハンドリング・コストパフォーマンスの四点で決まるんじゃんないでしょうか。

1.デザイン

僕は旧い価値観の人間だからかもしれませんが、やはり背の高いクルマって好きじゃない。だから基本的にミニバンとかは受け付けない、最低限でもセダン、できればクーペかオープンが理想ですね。この辺りはハンドリングとも直結しますから、希望としてはクーペ。
エクステリアデザインとしては、ガンダム系(ランエボやセリカ)なのは好きじゃないな。曲線をうまくいかしていて、かつ落ち着きがあるほうが理想です。個人的にはスカイラインやソアラあたりなのか、後者は流石に手が出ないけど。
それ以上に重要な要素がインテリアデザイン、これが僕にとって一番重要な選択基準になります。自分のクルマって物は、外から外装を眺めている時間よりも、運転席から内装を眺めている時間が圧倒的多いですね。シートに腰を掛けた瞬間からワクワクする、そんなデザインの方が乗っていて楽しいでしょう。ただ、質感というのか高級感というものは良く解らない、あんま重要な要素では無いですね、年齢的にも。


2.コンセプト

クルマは単なる工業製品だと思われがちですが、それでも何人ものエンジニアが開発に参加して、その思いが込められている。どんな人に、どんな使い方をしてもらいたいのか、それを理解するのも楽しみの一つです。
自分のライフスタイルに合わせる、コンセプトというものを理解するうえで、それが一番大切なのでしょう。例えば、家族みんなで旅行に行きたいならミニバンなどが最適ですし、冠婚葬祭に気兼ねなしに行くならセダンが無難です。確かに不釣合いなもの、ファッションで言えばジャージにヴィトンのバックは、嘲笑の対象になるのは必然です。
さて、偉そうな事を述べまくってますが、僕のライフスタイルから言えば、3列シートは必要ありません、そもそも巨大な荷室もいらないでしょう。そんな無駄なスペースがあるのならば、無駄かもしれない動力性能、こちらを求めます。理想的な言葉としては<太>人馬一体、馬に乗る事の楽しさをしる人間には、欠かせない要素です。
といっても、自分のライフスタイルにマッチしたコンセプトにクルマってのも中々見つからない物です。人間の生活っていうのは、いとも簡単に変わるものだし、ほとんど変わることのできない年齢が関る部分もあるから、クルマ選びで一番難しい所だと思います。まぁ、この前ディーラーにカタログを貰いに行ったら、営業マンに「こんなのジジイが乗る奴だよ」って言わましたから、そういう見方をする人も多い世の中です。



随分と長くなってしまいましが、ドリコムブログもヤプログ程ではないにせよ字数制限がありますので、今日はここまでにしょうかと思います。残りのハンドリングとコストパフォーマンスの話については次回まわします。
posted by Gandhara at 22:22 | コメント(0) | トラックバック(0) | 車の雑記
2005年04月11日

【整備】 新鮮な感覚

180sxのOILは真っ黒、3000kmも走っていないのに車体と同レベルな黒さ。エンジンが壊れたら修理費もままならず手放す事は確定なので、自動後退までオイル交換しにいってきたりする、雨の月曜日。

前回と同じくAgipのEXA SPORTS SL 10W-40、部分合成油だ。本音を言えば100%化学合成油を入れてみたいけど、手持ちの都合もあるため我慢。何よりも大切なのはマメな交換という訳だし、行って峠までなのだから十分な性能だと思う。

やはり新しいオイルに変えるとエンジンも生き返る。アクセルを踏み込んだ時のレスポンスも大きく変わり、この天気じゃなければ1日中走り回りたい気分になる。

この感覚は毎度感じることだけど新鮮さ溢れてくるもの、何度でも味わいたいものだ。
posted by Gandhara at 19:53 | コメント(0) | トラックバック(0) | 車の雑記
2005年04月01日

【洗車】 過ちの元

天気も良好、気分は憂鬱、体調なんか最悪、だけど洗車せずにはいられない。これこそがビョーキっていうんだろうな、完全に洗車病。たった数日も持たない、雨が降ったら一発で終わる艶を求めて、ひたすら磨き続ける。本当に通院が必要かもしれない...

シャンプーは使い古しで軽く済まし、今回は水垢クリーナーを使ってみる。前回の洗車の間に雨も3回くらいは降ったから、使わざるをえない。
が、使い方を誤ったのか、それとも使う人間そのものに誤りがあるのだろう、ルーフ部だけで挫折。シュアラスターのWAXをかけて終了。シュアラスターのWAXは、想像してたより艶は良くないけど作業性は抜群だな、何度も洗車したくなる、宣伝!

あぁ、頭痛がする時は無理するものじゃなかった、意識が飛びすぎ。病院まで運転していく気力もなくなった、その前に着替える気力さえも無い。だめだ、久しぶりに布団で寝よう、さようならコタツ...
posted by Gandhara at 15:45 | コメント(0) | トラックバック(0) | 車の雑記
2005年03月27日

【洗車】 終わりは見えず

最近は暖かくなってきたので、本日は絶好の洗車日和とは言い切れない。本当ならば、曇りで無風な日が理想だけど、雨ではないし、ましてや自分のクルマでもないので強行するがよろしくて。新しいシャンプーとワックスを試したいのも本能。

洗うは親の車。何ヶ月も洗っていないためか、鮮やかな色彩とは無縁の境地。それを美しく輝かせるには、水垢落としだけでなく、鉄粉取り粘土も必要だと思った僕の考えは浅はかだった。

完全に塗装面は劣化しているので、手持ちのケミカルでは太刀打ちできない。確かに水垢おとしで汚れは落ちるものの、それは僅かであって、コンパウンドでも使わない限り時間も体も悲鳴を上げていく。それに、普段はクーペなのに今回は箱型、何度も踏み台の上を登り降りするだけで、間接の様子はオカシイ。とにかく疲れた…

はっきり言って、そのクルマを見れば、どんな人間なのか良く解るナァ...眺める限りは綺麗に見えるけど、近くで目をこらして見るとこれほどにまで汚いのはね...まぁ、外と家とで別人格だってことが良く解るよ、ホント。まぁ、クルマの塗装以上にエンジン内部、オイルとかすらドングロなのも(ryっぽくってクオリティー高すぎな感動。人とクルマ、どちらが先に壊れるのかな?
posted by Gandhara at 18:34 | コメント(0) | トラックバック(0) | 車の雑記
2005年03月17日

【洗車】 甦る輝き

天気予報は雨晴れ

だけど
爆弾晴れているから洗車したい衝動に駆られるあせあせ(飛び散る汗)

「マジで・・・どうしようexclamation&question


晴天決行パンチ

雷雨嵐霧なんかしらない!


右斜め上粘土で鉄粉取りグッド(上向き矢印)

何度か鉄粉取りシャンプーを使ったのだけど、取れる取れる手(チョキ)

天気も微妙曇りなので水垢落としはスルーモバQかけるはワックスひらめき

ウホッ黒ハートいい艶ぴかぴか(新しい)


Seesaa Blogには絵文字なんてあるんですよね。ガラでもなく無理して使ってみましたが、やっぱり疲れますね。普段から携帯でも絵文字なんか使わないからね、慣れてなきゃ厳しいです、ハイ。

さすがに固形WAXを使う人間は旧い時代なのですかな。私もガラス系コート剤とか使ってみたいこの頃です。ただ、高いからね、DVD2枚は買える値段しますからなかなか手が出ません。
posted by Gandhara at 18:39 | コメント(0) | トラックバック(0) | 車の雑記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。