2005年11月10日

【受賞】 COTYにロードスター

「マツダロードスター」、日本カーオブザイヤー受賞

日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会は9日、「2005―2006日本カー・オブ・ザ・イヤー」に、マツダの2人乗りオープンスポーツカー「マツダロードスター」(排気量2リットル)を選んだ。

オープンカーの受賞は初めてで、マツダの受賞は1982年の「カペラ」以来23年ぶり。車両の軽量化を達成しながら、バランスの良い走りの楽しさを実現したことなどが評価された。

マツダのロードスターは、1989年の発売以来、2人乗りオープンカー市場をリードし、累計生産台数が約73万台(9月末)にのぼる世界的な人気車種。今年8月に7年ぶりに全面改良して発売された3代目で、悲願の受賞を果たした。


かつて当blogでも新型ロードスターとして取り上げた事のあるクルマが受賞、こういうクルマだとなんか嬉しいとしか言いようは無いね。MAZDAの受賞も23年ぶりってのも凄い話だね、その間もバブルでの迷走とその後の低迷があったから仕方ないと言えばそれまでだが。ようやくトンネルを抜け切ったって感じがするし、はやく新型RX-7を復活させてくれればいう事もないんですよ。


しかし最近のCOTYはTOYOTAHONDAばっかりでウンザリだったよ。エビカニ攻勢だったか何だか良くわかりたくもないけどさ、おややって思う受賞が多かったね。それが今年はというと、幾分かはマシになったかなとも思うけど、ただ単に他のクルマもパッとしなかったといえばそれまでなんだろうけど。う〜ん、とりあえずどんなクルマでもサイドブレーキを引くヒョーンカが居なくなるまでは権威にゃならんだろうね。


さて新型ロードスターですが、僕的には良いデザインになったなと思います。確かにドンガラはでかくなって今までのユーザーから不満の声が出ていますが、やっぱりスポーツカーは北米マーケットの声を聞かなきゃ生き残れない訳でして、妥協せざるを得ません。
欲しいといえば欲しいけど、やっぱりOPに乗るのは覚悟がいるみたいだからね、そう簡単に決断は出来ません。ちなみにマツダレンタカーだと、ロードスターも借りる事ができるみたいですね。春の日差しが身持ちよくなってきた頃に、これを借りて日光まで行って来たいな。そうしたら、次のクルマの筆頭候補になるかもしれませんね。
posted by Gandhara at 02:15 | コメント(0) | トラックバック(0) | 車の雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。