2005年11月09日

【井上】 NBAをトレース

スラムダンク参考画像検証サイト
http://www.yuko2ch.net/inoue/

先日発生した、末次由紀スラムダンク盗用事件が飛び火して、いつのまにやらこんな事になっているとは思いもよらなかった。今度の標的はスラムダンクですか、さすがに読者だっただけに祭りに乗る気は起きませんね。
今回は雑誌に掲載された写真をトレースしたって事が問題ですけど、例えばろくでなしブルースの柔道シーンなんかも同じ方法で書かれているらしいですね。こんなトレースまでアウトにしてしまったなら、世の中から消えていく作品が一体どれだけある事やら...


NBA的にはどうか、確かにアメリカだけに肖像権に五月蝿そうな気もしますが。だけど、スラムダンクの影響でNBAに日本人が関心を持ったのも事実。どいつもこいつもNIKEのバスケットシューズを履いていて、エアマックス狩りなどが起きたあの頃を思い出す。NBAを含めたバスケットボールの裾野を大きく拡大した偉大なるスラムダンク、これをNBAがむざむざ潰すはずも無いと思いますけどね。
後はトレース元の出版社か。これも許可がとれていれば何も問題はないだろうし、スラムダンクの発行部数を該当雑誌の部数を比べれば結果は見えきっているね。集英社の圧力に耐え切るだけの力は残っているのか、そんな訳も無いだろうよ。


何だか、パクリだインスパイヤだって騒々しい世の中になりましたね。確かにパクリが蔓延する世界ってのも嫌ですが、それを魔女狩りのように糾弾するのも嫌です。写真からのトレースまでアウトにしてしまったら、創作活動っていうのは相当難しい物になってしまうと思います。とりあえずお茶でも飲んで、餅でも突きましょうか...


←末次由紀の件に戻る
posted by Gandhara at 01:17 | コメント(2) | トラックバック(0) | 愛の日記
この記事へのコメント
同感です。
こうゆう煽りする人は、
真剣にイラストやマンガを
描いたことのない人だと感じる
Posted by ぢろう at 2005年11月29日 00:01
>> ぢろうさん

許可さえ取れていれば何も問題は無いんですけどね、そこを分かっていない人が若干見受けられます。

実際に、自分で何かを一度でも描いてみれば、ある程度の事は分かるはずだとおもいますね。ましてや週刊誌で連載するペースなんかで書いてみれば。
Posted by Gandhara at 2005年11月30日 01:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。