2005年10月26日

【学習】 blog炎上は他人事?

blog炎上


僕がその言葉を初めて聞いたのは、ちょうど一年ほど前あたりかどうか。ミッドナイトパックスなる人物がスマトラ沖大地震の被害者と、イラク人質事件の三馬鹿とを同列に扱った事件あたり、そんな昔の事だ。そのblogは既にスーパー高校生・カレーとご飯の神隠しカリー君によって着火されており、論戦の末にでた発言が上記のものでありプロのジャーナリストとしては見過ごせない内容だった。早くも2chに単独スレが立ち、自らバラまいた個人情報は晒すに晒されて、そのblogは燃え尽きた。

それから炎上するblogは数知れず、ネット上で大きな影響力をもっていた人物でも容赦なく炎上していった。その全てを把握する事は困難だが、最近ではブクロキングのエアロバキバキ・AFでドスンや、及川政治の江ノ電バス運転士侮辱事件など、そのblog管理人の人間性に問題がある炎上が非常に目立ち始めた。なお、その両者は週刊新潮10月27日号にて、◆「恫喝自慢」が大手を振る「ブログ」という名の無法地帯としてメジャーデビューを飾っている。

blog炎上は決して他人事ではない。ここを管理する僕も幾度となく2chにblogを晒された経験を持つし、友人のblogは炎上して閉鎖をあいまった事もある。だからこそ、数々のblog炎上を注視し、そこから炎上を防ぐ手段を学ぶ必要があるのではないか。そのため、当blogは数々のblog炎上を監視していく予定である!
posted by Gandhara at 23:25 | コメント(0) | トラックバック(0) | blogの話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。