2005年10月25日

【韓国】 マンガ嫌韓流の真実!


マンガ嫌韓流の真実! (別冊宝島)

マンガ嫌韓流の真実! (別冊宝島)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2005/10/21
  • メディア: ムック





30万部突破のベストセラー、マンガ嫌韓流の関連本がついに登場。発行は「同和利権の真相」の宝島社。こいつは買わなきゃなんねぇYO!!

本書は内容は、右側からの嫌韓流援護本って形になっている。取り扱う項目は多岐に渡っていて中々よろしいのだが、それなのに執筆者の数は少ないのが不満。もう少し左巻きデムパでも混ぜてくれた方が楽しかったのかもしれないが、問題が問題だけに仕方ないか。

表紙には超入門という文字が躍るが、嫌韓流本編と比べても内容的に踏み込んでいる部分は沢山ある。それでも笑韓・呆韓にまで達した者から見ればまだまだ序の口、確かに超入門という位置付けも悪くは無い。そもそもマンガはきっかけに過ぎず、これで完結する物では無い。マンガからのステップアップとしての本書があり、その先は自分で書籍を読み漁れば良いではないか。
また、ENJOY Koreaでリアル韓国人と討論するのも良し、東アジアNews+板で洗濯機御大と戯れるのも良し、朝鮮日報を読みコリアンジョークに触れて;y=ー( ゚д゚)・∵. ターンするのも良し。楽しみは無限大に広がる!

Enjoy Nider!


この本の1番の見所は、嫌韓流本編でも描ききれなかった「在日」についてだろう。在日の歴史から、今日本で進んでいる参政権の問題、または一部媒体(というか2ch)において、朝鮮玉入れもしくは朝鮮絵合わせと名前が変わった民族産業まで、基本的な事は十分理解できる。
また、ただ単に在日について書くだけではなく、マンガ嫌韓流を在日はどう読んだかというインタビューもある。それに応えるのは、Seesaaの人気blog・コリアン・ザ・サードらー氏であり、インタビュアーも同じくSeesaaの人気blog・酔夢ing Voice - 西村幸祐 -西村幸祐氏である。らー氏の意見は短いながらも非常に重要な事が書かれている。これは必見だ!

日本のマスコミの大半は嫌韓流をスルーし、いまでも在日を「可哀想な人たち」のように報道し、決してらー氏のような意見が出てくる事は無い。メディアに流れるのはステレオタイプのような在日像、そこから差別が無くなるとは到底思えないし、無くなってしまったら困るというらー氏の意見もまた面白い。




■ 在日をこう考える。

日本にいる限り在日差別は無くなるはずもないだろう。民族で凝り固まっている限り、日本人の側から反発があるのは避けられない。だからこそ、在日はウリナラでウリマルを話し、朝鮮半島にある祖国・朝鮮で朝鮮民族として誇りある生活ができるように努力すべきではないのか。世界最優秀民族を自称する位だ、そんくらいは出来るはず。祖国の民主化活動を初め、世界にはばたく時が来たのではないか!




マンガ嫌韓流|嫌韓流の真実 場外乱闘編


posted by Gandhara at 21:24 | コメント(0) | トラックバック(0) | 政治関係
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。