2005年10月24日

【漫画】 はるか17 9巻


はるか17 (Volume9) (モーニングKC (1470))

はるか17 (Volume9) (モーニングKC (1470))

  • 作者: 山崎 さやか
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2005/10/21
  • メディア: コミック





ユウが三上の事務所への移籍。それは、はるかが作った1000万円もの違約金との引き換えだった。桃原には「ドロ船には乗りたくない」と言ったものの、アパートに置いていったビデオレターはあまりにも泣かせてくれる本音。そして、誰にも知られてないが、実際に三上からの移籍金は500万円で残り500万円はユウの借金という事実。
ユウ泣かせてくれるよユウ。見た目はヒョロっとした女の子みたいな奴だったが、その心は他の男だれよりも漢だったか。また、ココに戻ってくるその日まで...

スキャンダラスによって仕事を失い、はるかはファインの手によって芸能界に居場所を奪われた。偶然入った劇により、偶然のアクシデントによって壊された物。劇団に関らざるを得ない運命、その場以外に行き場も無い運命。受け入れてくれるとは限らず、好意的であるとは限らずの中、それでもめげずに今時分にできる事を精一杯、そして得られるものを自分のものとする。
片や桃原もめげずに営業の日々。そして、いかにも出来たクサイのかもしれないが、そんな展開で突如決まった映画出演、はるかが主演と言う。あまりにも感動的なのも、また運命か...

ファインの魔の手は行く先々へ。それがはるか17へ閉塞感をもたらしているといっても過言では無いが、とうとう福原社長まで変わる。ファインの圧力を覆す為に、その手腕も流石かつてファインを拡大させた男だけある。今までにイメージとのギャップ、それがまた良い。
そして、はるかの目標でもあり、ファインのTOP女優の突如語られ始める過去。その回想シーンの中にオグちゃんがいるのは思いもよらなかった。彼女の過去と、今までベールに包まれていた社長の過去は何か関係があるのだろうか。物語が、一気に動き始めた!

posted by Gandhara at 23:16 | コメント(0) | トラックバック(2) | 漫画感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

はるか17 9 (9)
Excerpt: 「はるか17 9 (9)」へのトラックバックを受け付けました。
Weblog: amaseek.jp
Tracked: 2005-10-24 23:17

漫画・コミック
Excerpt: 漫画・コミックについての口コミ(ブログ)をトラックバックで募集しています。 感想・レビュー・評価・紹介・噂・その他情報などを含む記事からのトラックバックをお待ちしています。お気軽にご参加下さい[..
Weblog: クチコミ情報トラックバックセンター
Tracked: 2005-10-25 17:00
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。