2005年10月24日

【政治】 安倍晋三の釣り?

自民・安倍氏、初入閣に意欲示す (読売新聞)

自民党の安倍晋三幹事長代理は22日、都内の専修大学で講演し、11月の内閣改造・党役員人事について、「私自身はどんな立場になろうとも、全力で小泉改革を進め、さらにきめの細かな改革にしていきたい」と述べ、初入閣などに意欲をにじませた。
また、安倍氏は、小泉首相の靖国神社参拝で悪化する日中関係について、「中国からの公費留学生の数がまだまだ少ない。思い切って増やして、反日にならずに日本を知ってもらうよう、我々も努力をしていかねばならない」と述べ、中国人留学生受け入れの大幅拡充などによって関係改善を進めていく必要があると指摘した。


(゚Д゚)ハァ?


ただでさえ、石原閣下曰く「不法入国した三国人」のような輩が暗躍、韓国すり団の被害が急増している現状。そして日本における外国人犯罪の大半を特定アジア諸国民が占めるという中、これほどにまで酷いジョークはなかろうよ。
だいたい中国人留学生に支払われる公費という物が、どれほど国民を愚弄する内容なのか知っているのか、このお坊ちゃん政治家は。日本人の学生を遥かに超える額を受け取りながら来日し、それでも日本の発展に貢献する可能性が低いばかりか犯罪発生率の上昇に寄与している連中に、国民の血税を導入とは笑わせてくれる。
そのまえに、日本人に銭よこせや、教育に金が掛かりすぎで少子化に原因になっているというのにな。何が国民のためなのか、我々と真剣に向き合ってくれよと言いたい!

(#゚Д゚) ゴルァ!!


だけど、これは釣りなんだと思いたいよ。中国人留学生を大量に受け入れる事によって、中国人=犯罪者とのイメージを増幅・固定化させて、国民に明確な反中感情を抱かせて、自発的に中共にNoを突きつけさせる戦略だと。

でも、無理があるよな... orz




自分が今までマンセーし続けていたからこそ、国民に人気があるからこそやっぱり今、この時に言うべきだ。安倍晋三という政治家に注視しろ!

北と戦えど、中共に下るのか?

それは絶対に許してはならない。我等が民主主義のために!



■ 参考記事

日中の経済関係「毀損しない原則を」 自民・安倍氏 (朝日新聞)

相変わず論調が異なる両社。
二つ記事の狭間に、安倍ちゃんの真意は見えるだろうか...
posted by Gandhara at 08:44 | コメント(0) | トラックバック(0) | 政治関係
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。