2005年10月19日

【末次】 スラムダンクを盗作

漫画の表現盗用、2chの指摘で絶版・回収に

講談社から出版されていた少女漫画に、「スラムダンク」などと酷似したシーンが登場すると「2ちゃんねる」で指摘があり、同社は盗用を認めて単行本の絶版・回収を決めた。



腐ったブー子が「エデンの花」好きだったナァ、ウチじゃ売れ行き微妙なのにワザワザ平展開しやがって。担当替わった直後に速攻で「のだめ」に変更、売上ageageでホルホル気分に浸ったのは随分と昔の話。想い出を語ってもしかたねぇな、さて本題に入るか...


検証サイト
http://cabin.jp/k55yuki/


エエエエェェェェ(゜Д゜;)ェェェェエエエエ



紙を重ねて上からお絵かき、これで別冊フレンドの看板作家で年収700万ですか。

盗用検証ブログ
http://blog.livedoor.jp/tretreyuki/


ファンを装って自作自演の擁護コメント、これは思いっきり炎上のガイドラインに引っかかるじゃないか。風邪で寝込んでいる間に祭りに乗り遅れたって感じだな、ちょっと鬱。



パクリuzeee!



だけど、まぁ世の中のモノは少なからず何かに似ている部分がある。特に今のようにモノが溢れかえってしまっているとね、それを感じる部分は多い。漫画家の場合なら、自分がアシスタントしていた漫画家や好きな漫画家の影響を受けてしまうのは仕方ない事、今現在のTOPに立っている人たちにもそういう部分はあるのもまた事実。
それでもパクリって大騒ぎして、何がなんでも気に入らないものは潰してしまえっていう風潮が出来てしまったらチョット恐いな。参考文献すら許さなかったら、論文なんて書ける奴はいねーぞ多分。でも今回のは参考にしたというよりも完全に丸写しだからな、こーいうのは叩かれて当然だと思うけどね。



一番はパクリって声をも掻き消す位のモノを作れば良いだけなんだけどな、

悲しいけどオレンジレンジは致命的に歌がヘタクソだったりする...


寒い時代になったと思わんか?



井上雄彦の件に進む→
posted by Gandhara at 19:21 | コメント(6) | トラックバック(0) | 愛の日記
この記事へのコメント
オレンジレンジは歌だけでなく、楽器演奏も致命的に下手だったりする。
自覚しているからなのか、歌番組では演奏している振りだけですしね。
Posted by れい at 2005年10月20日 13:45
それだけじゃなく、歌詞も下品かつ意味不明。
歌番組は出た瞬間にチャンネル切り替えるから見えないデス。

アレンジレンジの何処が良いのか理解に苦しみます。
これもゆとり教育の弊害なのでしょうか...
Posted by Gandhara at 2005年10月20日 23:55
参考にしただけで何で回収とかになるんですか?誰だって参考する事だって似てる事だってあると思います!!私は末次さんのシルバーが大好きなどうすればシルバーを続けてもらえるんですか?こんな中途半端な終わり方。。。誰かに言いたくて仕方なかったので。どこに書き込んだら良いのかわからなかったので書き込ませていただきました。場所違いでしたらすいません。
Posted by なおぴょん at 2005年11月19日 15:20
>> なおぴょんさん

残念ながら、今回の件は参考にしたのではなく盗用です。確かに講談社の処罰には疑問を感じる部分もありますが、安易にトレースするのはプロの仕事として良い物だとは思えないですね。ましてや末次さんは、以前から疑惑の人だった訳でして...

たぶん、ほとぼりが覚めたころにペンネームを変えて復活しそうな気もするんですよね。そもそも少女マンガ界そのものが人材難の状況、それなりに売れてた作家をむざむざと追放するだけの余裕はなさそうですしね。

とりあえずファンならば少し落ち着いて、気長に待つしかないでしょう。
Posted by Gandhara at 2005年11月20日 00:34
ふざけんな。あたしスラダンと井上先生の超FANだし、そんな盗作なんてされて切れないはずないね。わけわかんねー漫画如きでスラダンぱくんないで欲しい。んな奴漫画家としての恥だし。漫画描く資格ないと思うよ。スラダンFANの方が今回は強いよ。
盗作したくせに、庇うとかわけわかんないかんねー本当にそっちのFANの人々。
Posted by 燐 at 2005年11月28日 18:50
>> 燐さん

つ旦

お茶でも飲んで落ちついてくださいね。

後、FANの強さはあんまり関係ないと思いますが...
Posted by Gandhara at 2005年11月30日 00:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。