2005年10月17日

【政治】 民主前原に幻滅

もうミンスはダメかもしんね...

靖国参拝:野党各党は一斉に強く反発 (毎日新聞)

小泉純一郎首相の靖国神社参拝に対し、野党各党は17日午前、一斉に強く反発した。中国、韓国との関係悪化への懸念に加え、大阪高裁で9月30日、首相の靖国参拝に対する違憲判断が出された直後の参拝だけに、政教分離の観点からも批判の声が上がった。

民主党の前原誠司代表は同日、衆院議員宿舎前で記者団に対し「極めて遺憾だ。大阪高裁で違憲判決が高裁レベルで初めて出ており、政教分離の原則からも(参拝を)考え直すべき時期に来ている。慎重な対応をしてほしかった」と述べ、無宗教の戦没者追悼施設の早期建設を強く求めた。




まずは毎日新聞の記事...

>>首相の靖国参拝に対する違憲判断が出された直後

む...

首相靖国参拝:大阪高裁、初の違憲判断 職務行為と認定 (毎日新聞)

このニュースの事だが、まぁ事実は事実に変わりないからな...



次に前原代表の発言...

>>大阪高裁で違憲判決が高裁レベルで初めて出ており

( ゚д゚)ポカーン




ポイント: 判断と判決の違い

かの大阪高裁の裁判は非常に卑劣な裁判結果で、司法の暴走と題しても過言ではない内容である。判決では台湾の偽原住民の原告側が敗訴したが、わざわざ裁判官の一意見に過ぎない傍論にて違憲判断としたのだ。もちろん国側は勝訴しているのだから最高裁に上告はありえないし、原告と取り巻きの反日陣営は「違憲」という事実を自分の都合の良いように解釈して、好き勝手に垂れ流している。
もし裁判官が本気で「靖国裁判は違憲」と考えているのならば、堂々と原告勝訴の判決を下せばいいのに、わざわざ最後の最後で自分のイデオロギーを判決に無理矢理ねじ込ませて歪んだ結果にしてしまった。これは司法に関る者として許されない行為である、反省しる!



因みに東京高裁の判決...

参拝は私的、憲法判断せず 小泉靖国訴訟で東京高裁 (東奥日報)

2005年9月29日に出たばかりの判決ですが、私的参拝ならば法的に問題ないという事です。



この裁判を巡る問題では、裁判官の一意見にすぎず何も拘束力のない傍論が一人歩きし、一部メディアにおいて「違憲判決が出た」というウソがまかり通ってしまう事です。自分等の意見を広める為に平然とウソをつく、そんな反日勢力及び反日メディアの暴走に国民の代表である国会議員がいとも簡単に騙される、これは非常に危険な状況です。

ソースに使用した毎日新聞あたりなんかは当初「違憲判決」と記述していたらしいですが、各所からの批判により今は「違憲判断」となっています。こういう特定アジアのプロバガンダ的なメディアも問題だらけなのですが、未だに真実を見抜けないでアホな発言をする前原氏には幻滅いたしました。民主党は何も変わっていない、悔しいけれど次の選挙も自民に入れざるを得ないでしょう、悔しいが...

ウソをウソと見抜けなくても、民主党代表をこなすのは簡単か...


;y=ー( ゚д゚)・∵. ターン



社民・共産・煎餅は...もう解りきった事だからいいよ...

スルーで!


【政治】 小泉首相靖国参拝に戻る
posted by Gandhara at 22:16 | コメント(0) | トラックバック(1) | 政治関係
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


靖国問題を考える(2)
Excerpt: どうせまたそのうち行くんだろうなぁ??と思ってましたが、やはり行きましたね。小泉首
Weblog: Johnny style!
Tracked: 2005-10-27 17:43
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。