2005年09月18日

【教育】 女王の教室最終回

その教育のあり方に賛否両論、とんでもない数の意見が飛び込んできた問題作も今日で最終回。普段はTVドラマなんか見ない僕も思わず惹きこまれてしまい、とうとう最終話まで見る羽目に。随分と長いようで短いドラマ、その残した物は想像以上に大きいのかもしれない。


実を言うと、この番組を見始めたのは正確には3話目から。事前予告とかで興味は持っていたものの、日テレ土曜9時の枠だと子供が見て満足しちゃうような浅い作りだろうと勝手に予想していた
だけど、ネット上では早くも話題になり新聞の投書欄にも登場、教師・阿久津真矢の教育に賛否両論、様々な意見が寄せられているとの事だった。一応コレでも、僕は教員免許を持っている身。大学に行ったのも学校教育に対する不満と、それに対して何が出来るかが動機だもの。それにこの手にの番組ならば、ガチで教員を目指しているししゃもタンとも話が合いそうだし。


初見時は、登場人物のキャラクターやクラスの人間関係を把握したりするので限界だったが、4話目にはこう感じた...

「やっている事は無茶苦茶だが、言っていることは正論」

そう正論、正論がゆえに潰されるのが世の常。子ども達に潰される事は無いだろうとタカを括ったいたけれど、まさか最後の方で大人に潰されるとは思いもよらなかった。


だけど、このドラマはこれから広がり続ける教育格差などについて、良い問題提起をしたんじゃないかと思う。子供1人に掛かるお金が3000万で収入が300万の時代、普通の家庭の子供が中学〜大学まで私立に行ったら何も残らない時代になって行く。公立学校の地盤沈下もとどまる事を知らず、私立の人気・ブランド化がより一層強まる。
勝ち組はその稼いだ資産によって子供を私立に入れ、質の高い教育を受けさせる。かたや負け組は公立でやる気のない教師・友人に囲まれて何となく過す。その繰り返しにより社会の階層化は進行し、それが固定化していく恐れが出てきている。全く恐い話だ...


それに抗するのが阿久津真矢なのか、再教育センター行きを飲んでまで拘る公立への道。確かに今の日本に必要なのは、公教育の復権なのかもしれない。公立の学校が信頼できるならば、子供を無理に私立学校や学習塾に通わせる必要も無い、子供を育てるコストと言うものが大幅に削減される。
子育てにコストが掛かりすぎて産めない日本、少子化対策にも十分なる。それに教育は公立・私立の両輪が回って初めて機能する。上位を引っ張るのも大切だが、底辺を底上げしてやる事も同じように重要ではないか。


さてドラマ本編、最終回は卒業式。問題だらけの真矢はとうとう教壇を追われてしまう。その生徒達のとった行動は、ドラマ初期からは想像もつかない大人な物であった。真矢という絶対的な存在が残した物はあまりにも大きく、関った人を大きく変えた。嫌な奴代表の教頭が最後に残してくれたプレゼント、教室に集まった生徒たちが歌う別れの歌。それでも真矢は最後まで真矢、よく媚びずにやりきった、感動した!


でも、本当にこんな教師がいたらと思うとゾッとする。ドラマだから見ている分には面白いかもしれないが、同じ職場や担任だったらとしたら。そもそも人間はあんなに強くはない、そこまで言われて許せるほど大人は居ない。ましてや子供ならば...

そう、阿久津真矢は正論。正論がゆえに見ていてスカっとするが、リアルに居たら様々な軋轢を生む。それでもこの狂気の女王は、人の行き方あり方の一つを教えてくれようとした。我々の心の中に必要な闇、決して忘れてはならない厳しさなのだ!
posted by Gandhara at 00:13 | コメント(4) | トラックバック(9) | 愛の日記
この記事へのコメント
はじめまして。
大人も子供もそんなに強くはないから、結局型にはまった先生が多くなってしまうんですよね。
正論なら何をやっても良いとは限らないとは思いますが、そういう体当たりな教師も時には必要なんだと思います。
Posted by ZAPA at 2005年09月18日 00:29
はじめまして、ZAPAさん。

確かに自分らしく生きる事には覚悟が必要です。周囲の風当たりにも耐えなければならないし、そこまで信念を持つよりも、周りに合わせてナァナァにするのが楽ですからね。
そうやって問題から目を瞑り、「仕方ない、いつもある事」で割り切っているのが現在の教育現場でした。
だからこそ真矢みたいな信念の塊に心惹かれるのでしょう。
今回の自民党の大勝にも、こう感じている層の支持があったからではないかと思います。

でも真矢のやった事はやり過ぎだと思います。鞭だけでは人はついて来ない。究極のマゾヒストでもなければ、あの教育に飴を感じる事も無いでしょう。
大切なのはバランス感、時には泣き時には怒り、最後には笑っていよう...と!
Posted by Gandhara at 2005年09月18日 00:48
出掛けてたから女王の教室の最終回、見られなかった...。あの「やりすぎ」な先生、結局どうなったのか。
気になるわ。
Posted by yy@携帯 at 2005年09月18日 10:30
>> yyさん

この記事にへのTBをたどれば、何が具体的にどうあったのか詳しく書いてあると思います。
ドラマの内容はハショちまって申し訳ないですわ。
Posted by Gandhara at 2005年09月18日 21:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


女王の教室は甘い!
Excerpt: いろいろと物議を醸してきた「女王の教室」が無事最終回を迎えました。 (女王の教室the book、TVサントラ/女王の教室 o.s.tも好評発売中)   ドラマ「女王の教室」は、女王(担任の先生..
Weblog: [Z]ZAPAブロ〜グ
Tracked: 2005-09-18 00:29

「女王の教室」が視聴者に教えたかったことは…? その1【女王の教室最終回】
Excerpt: 「女王の教室」最終回。これまでの話が全て繋がる時・・・ (その2と合わせて2件トラバをお送りします。)
Weblog: The Natsu Style
Tracked: 2005-09-18 13:02

「女王の教室」が視聴者に教えたかったことは…? その2【女王の教室最終回】
Excerpt: 「女王の教室」最終回。これまでの話が全て繋がる時・・・ (その1と合わせてお送りします。どうぞ両方お読み下さい。)
Weblog: The Natsu Style
Tracked: 2005-09-18 17:50

女王の教室☆最終話
Excerpt: ついにやってきました。 話題のドラマ、『女王の教室』が最終回です。 めっちゃ楽しみにしておりましたよ〜。 先週は文化祭の打ち上げで見れなかったしね(´・ω・`) 最終回も6年3組のみん..
Weblog: ぽいぽいぽぽいぽい・⌒ ヾ(*´ー`)
Tracked: 2005-09-18 17:55

日本テレビ「女王の教室」第11話(最終回):真矢のいない卒業式
Excerpt: 最終回。ドラマのテーマと役者陣の演技に大きな感動、感銘を受けましたが、最後まで、そして見終えた今でも、ある種の引っ掛かりを解消することはできませんでした。
Weblog: 伊達でございます!
Tracked: 2005-09-18 19:12

女王の教室の真矢の指導は教育としてはいけないことに思うけれども、このドラマの中から真の教育は何なのか自分なりに考えることが大事だと思う。視聴者は真矢からどんなことを学んだのだろうか。
Excerpt: 「ドラゴン桜」に続き、とうとう「女王の教室」も終わってしまいました。 真矢はどんな先生よりも子ども達を愛していたんですね。 真矢の家にあった、子ども達の様子が細かく書かれたファイルを目にし..
Weblog: 変化という流れの中で。
Tracked: 2005-09-18 19:17

『女王の教室』最終回90分スペシャル
Excerpt:  なにやら政治の世界では第一野党の民主党の党首が世代交代で若返らはったようで、そんな今日ってもう昨日のことになってしまった9月17日。  は、そういえば『シンデレラマン』の封切りでもありました。..
Weblog: ぼちぼちですわ
Tracked: 2005-09-18 20:32

「女王の教室」のメッセージから、教師として何を学ぶか
Excerpt: 多くのメッセージを発信してきた「女王の教室」。 全編を通じて、このドラマのメッセージをひとりの教師としてどう受け止めたかを整理しておいたほうがいいと思う。 このドラマに??
Weblog: かず先生のダイアリー
Tracked: 2005-09-19 17:22

[ドラマ]「女王の教室」レビュー
Excerpt: [ドラマ]「女王の教室」に関するレビューをトラックバックで募集しています。 感想
Weblog: レビュートラックバックセンター
Tracked: 2005-09-29 07:54
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。