2005年09月11日

【選挙】 比例は何処へ 5

■ 自民党

もう消去法でここしか残っていないじゃないですか、こんなんで良いのかと毎度のように思いますが、やっぱり仕方のないことなんですよ。結局、日本の政党っていうのはイデオロギーでくっていていた事なんかじゃないですか。権力に群がる寄り合い所帯、その歪みに終止符を打つのが小泉の役割だと。
事実、自民党に巣食う権力の亡者が一掃されたじゃないですか。田中から亀井まで自民を去り、野中は引退して、古賀は影響力を失う。ようやく自民が描く国家のヴィジョンっていうものが以前に比べれば鮮明になってきた(必ずしも全てを肯定できるものではないが...)

それに対して民主党は、鳩山時代は保守色も強かったが、管以降は左旋回をかまして旧社会党色が随分と強くなってきた。郵政改革も本音としては賛成なのだから自民との妥協点を模索すればのに、変な意地を張って反対をしている。その反対するのは構わないが、せめて対案くらいはだしてくれよと。その矛盾点が旧社会党クォリテイ、まぁこの政党っていうのは自社さ連立時代の縮図みたいなもんだからな...


まとめると、民主党は旧態依然の「権力に付く事が目的な政党」に対し、自民は一つの路線を打ち出して合わないものにはご遠慮願う政党に変わった。永田町独自のしがらみで政党を作るのではなく、一つの国家像に基づいて政党を作るようになり始めた。やっぱり、変わり始めた自民党に掛けてみるのが良いんじゃないんかな?

投票



その4に戻る
posted by Gandhara at 10:25 | コメント(2) | トラックバック(0) | 政治関係
この記事へのコメント
自民党は総裁が小泉さんになってから確かに変わった...。
いい方にだか悪い方にだかは分からないですけど。
Posted by yy@携帯 at 2005年09月13日 12:05
前は森ですよ!
あの森ですよ!
Posted by Gandhara at 2005年09月13日 19:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。