2005年09月03日

【種死】 PHASE-46


機動戦士ガンダムSEED DESTINY 12 [DVD]

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 12 [DVD]

  • 出版社/メーカー: バンダイビジュアル
  • メディア: DVD





種のOPが始まった瞬間に迎えに来いってのは厳しい話。一応は車載TVがあるので見れない事もないけれど、細かい設定に苦しんでいたら前半部分が終わってしまってよ。そんな訳で今回は後半部分のみになりますね。


■ これって戦争中?

あ〜あ、月面都市にまで来てのんきにショッピングですか。そ〜ですか。物語りも佳境に入ってきて、残りの尺も足りなくなってきているっていうのに気楽なものですな。さすが負債に愛されたキャラ達、本当にコイツラが居なければ種死は...(ry


■ 偽者と本物のご対面

あ〜あ、とうとうミーアとラクソが感動のご対面。この期に及んで「私がラクス」と言いだすミーアが必死すぎ。それに対するラクソも落ち着きすぎ、聖母のように書きたいスタッフが一番必死すぎ。
そう、偽者のほうがよっぽど平和に貢献していたと思うんですが。だれかは個人が大切と説きますが、麻原彰晃みたいな個人は多くの人々にとって迷惑な存在でしかないはずですが。
それに死ぬ人が間違えてない? ラクソが死んだ方が盛り上がるのにさ、残念...


■ 凸のいるべき場所

あ〜あ、アスランに相応しいMSはアッシュに確定

もうパイロット失格のヘタレがさ、生身の銃撃戦では大活躍っていう事はどういう事でしょうか。ヘリオポリス襲撃から記憶に新しい第2次ZAFT脱走、そして今回の戦い...
あ〜あ、アスランに特殊部隊を率いさせて潜入作戦をすればイイモノの、何で他人はその才能に気付かない。適材適所を訴えた議長ですらも見抜いていなかったね。自分の居場所を与えてくれないからの脱走なのか、ちょっと納得しちゃいましたね。ふぅ、インジャいらね〜よ、アッシュに乗れ凸!




PHASE-45PHASE-47
posted by Gandhara at 21:11 | コメント(0) | トラックバック(0) | ガンダム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。