2005年05月10日

【二輪】 五月の卒業式

「仏の顔も三度まで」


これ以上落ち続けるとシャレにならない状況に陥ってしまう。検定1回落ちるごとに10kが消えていくからだ、そんな余裕は全く残されていない訳だ。それに、教習が入るとその日の午前は完全に潰れてしまうし、朝早く起きるリスクもある。もう肉体的・精神的・経済的に破綻をきたし始めているのはいうまでもない!


先週末の補修にてようやくコツを掴めてきたから、普通に乗車するかぎり落ちる要素は無い、そんな根拠もない肥大化した自己意識で望む卒業検定。今回もまた検定員も違うから、やりにくいってのはいつもと変わらない、普段どおりマイペースでいけるはず。
待ち時間も今回は随分と長くって、かえって緊張してくるのは必至。今回一緒に受験する人はこれで3回目、全く一緒の人。年齢も倍くらいは違うから、話す事もなく無言のまんま時間が過ぎ行くばかり、そして伝説へ...

普通に乗車して、普通に進み続ける、いつもと変わっているのは僕の走り方そのもの。こんなにイージーミスを連発しまくるのもどうかと、普通に減点で落ちそうな予感もしなくもない位、もうダメぽ...



ダメぽ禁止
後を振り向かず、さっさと課題項目まで走り続ける。


さてさて、まずは初めに急制動。
先々週の土曜に激しく失敗した鬼門!

そしてお次は一本橋。
一番最初の検定でやられた伏兵!

最後はスラローム。
教習中に苦戦して、今でも苦手意識アリ!



どいつもコイツも難なくクリア!


キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!



もう頭の中はキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!がグルグル回り続ける、
まるでスレにネ申が降臨してきた「祭り」のように!


おかげで緊張の糸がプッツリ切れたのか、発着点までに戻るまでの走りがガタガタ。危うくコケそうになるわ、発進はスムーズにいかないわ、制限速度をえ〜ぬわkmはoverしてしまったような気もしなくはない。まぁ、バイクを降りるまでが検定ですからね、シャレにならなかったですよ。

そんで終わったら検定員から一言アドバイスがあるんですが、ここまでボロクソに言われたのは初めてだな。自分でバイクに乗れて居ないって事を実感してしまう走りだったから、そんなの一々気になんないけど今日は検定だからね、微妙に不安感が増大。そして運命の結果発表は...





やあ、(´・ω・`)またなんだ...すまない。




「三度目の正直」


えぇ、無事に合格しました。ただ、検定員に「最高のヘタクソ」って言葉も頂きましたが、「実車で練習しなきゃダメだ」を付け加えてね〜

ヽ( ´Д`)ノ  バイク買う金なんかある訳ねぇ〜yo!!

ペーパ免許のままですよ〜( ゚д゚)、ペッ



←前に戻る次に進む→
posted by Gandhara at 15:34 | コメント(0) | トラックバック(0) | 二輪免許
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。