2005年03月25日

【卒業】 大切な人へ

式典を終えて待っていてのは紙ふぶき、周囲は一升瓶の一気のみと胴上げが始まる中、一緒に式典に出た友達と別れる。彼にも帰る場所がある。袂を分けながらも歩み続けた彼を受け入れてくれるのか、それを心配しながら僕のいく場所を探す。

思えば彼と出あったのは4年前の春、最初に知り合った友達が紹介してくれたcoolなイケメンだった。話は全く噛み合わず、「こいつとは友達にはなれないだろ」と思ったのは仕様、それはお互い様だったとカミングアウトしたのも懐かしい思い出。
学生番号も近く、履修している科目も殆ど一緒だったため、必然的に過す時間も長くなる。次第に話はかみ合うようになり、彼がcoolを装っていた理由もわかる、僕と同じなんだなと...

彼は優しかった。遠い異国の半島で受けた衝撃、それを受け入れてくれたのは彼だった。突然の来訪を暖かく待っていてくれて、優しく迎え入れてくれた。多くは語らない、だけど解りきった境遇。言葉はいらない、存在そのものが温もりだった。
近くにいてくれる、だけど違う共同体に属しているからこそ見えてくるもの。それがあるからこそ世界は広がっていった。世界は独りではない、だけど自分たちだけで作られているのでもない。価値は大きく違う。客観視される事の大切さ、それでも同じ価値を共有することの素晴らしさ、それとももうすぐお別れなのか...?

彼は自分の帰る場所に行ってしまった。だけど、僕にも彼と同じように大切な場所がある。だからこそまた、二人で呑もう。今日という日を肴に…



←前に戻る次に進む→
posted by Gandhara at 15:50 | コメント(0) | トラックバック(0) | 愛の日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。