2006年03月09日

【日記】 どうぶつの森 play-7

■ DSワイヤレス通信 vol.2

前回は他所の村にお出かけですが、今回は逆に僕の村への来訪者。全く、自分の村に人を招く時はオノの持込を禁止にするべきでしたね。そして、タヌキチのお店にある在庫もシッカリと抑えておくべきかと。いやいや、本当に恐ろしい事になってしまった...

招き入れたのはシューポッポ君となおさん、この二人の関係については日ごろシューポッポ君は可愛がってもらっているのですよ、なおさんに、色んな意味で。んで、僕の村は関所前にトラップが仕掛けてあるので、それに引っかかったなおさん大暴走。アラレちゃん顔負けの走りっぷりで散る花は無残にも、開いた穴は数知れず。ずーーーと監視しっぱなしなので、シューポッポ君の事なんかそっちのけ。

一通り暴れ回った後に、帰宅するため関所へ戻る時に再度トラップに掛かるなおさん。何処で何をしているのか不明だったシューポッポ君が、新しくトラップを構築して見事にはめた訳だ。こんな森で日ごろのお礼をしなくても良いのに、いやぁみ村がハゲ山になるのは時間の問題でしょうね。ご愁傷様...
帰宅後にウチのどうぶつが一言。「なおさんって『オノ好き』って感じだよね」と。確かに日ごろから「アンタたちの村の木を全部切ってやる」と公言してはばからないなおさん、本当にデストロイなプレイをしているのだと。すげぇ、何が凄いのか良くわかんないけどカッコいい!

それにしても、色んな意味で人間性が出てくる森ですな。ある意味で究極の箱庭なんでしょうけど、この森の状況や住民たちの評判からある程度の人間性がわかるのかもしれません。こういうのを分析してみるのもまた一興、サンプルを得るためにも色んな村におでかけしたいものですね。

戻る進む
posted by Gandhara at 03:22 | コメント(0) | トラックバック(0) | 森の生活
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。