2006年02月28日

【五輪】 トリノ・終了

気がついていたらトリノが終わっていた。もちろん本当の意味での終幕、実にあっけないものであった。日本のメダル獲得数は結局女子フィギュアの金のみ、生まれ育っていく過程の中で強い日本を見続けてきたものには何とも耐え難い結果だろう。

感動以上に不快感を与えてくれたのもトリノ五輪、一部選手達の妄言・奇行には目を覆いたくなる有様だった。成田兄弟は言わずもがな、かの安美姫は一体トリノに何をしに行ってきたのだろうと。4回転を飛ぶと宣しながらも、練習ですらまともに成功した試しも無く、本番にいたっては3回転すらできずに転倒と言う醜態。あれはまるで「飛ぶ飛ぶ詐欺」のように。


しかし、メダルを獲得した女子フィギュアは見ていたけれど、荒川選手の滑りはまさに荒川と言った物であった。あれだけ転倒者が続出した五輪の舞台でも動じない精神力、そして点数にはならないにも関わらず自分らしさを出すためにイナバウアー、そのどれをとっても金に値するものだった。仮にスルツカヤ選手やコーウェン選手が完璧な滑りを見せて、結果が振るわなかったとしても、見た人に感動を与えたことは間違いなかっただろう。
その点、村主選手の結果は納得のいかない物だあった。ご存知の通り、上位陣は転倒したのにも関わらず届かないメダル、その壁は技術的なものであったのか、それとも白人の時代錯誤なプライドのためなのか。不透明な所が多い冬季五輪ゆえに、非常に残念な結果だ...

そして、今回の五輪の思わぬ収穫、それはカーリングではないだろうか。毎度競技としてアリなのか疑問に思っていたけれど、その選手達の姿を見てそのココロは大きく変り行く。結果は予選落ちに終わってしまったかもしれないが、その感動はメダル級だと誰もが思ったろう。あの目が良い、あれこそアスリートの目だと思った。


結局、今回の五輪は日本の実力がハッキリと出た訳だ。もちろんそれは選手のことをしめしていけれど、本当に実力不足だったのはメディア側ではないだろうか。各競技の分析力、取材現場における暴走、選手をダメにするなど言い出したらキリがない。そして肝心の中継にいたっても、日本唯一・アジア初の女子フィギュア金メダルにて、壁や天井を移し続けると言う愚行。
感動を伝えられない不快増幅装置。そんなメディアの克服こそが、次のバンクーバーへの課題となるだろう。なにせ今年はドイツW杯も控えている、サッカーの方がより露骨は事になるのではないだろうか。まだまだ色んな意味で寝られない夜は続く...
posted by Gandhara at 05:29 | コメント(0) | トラックバック(0) | 愛の日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。