2006年02月21日

【政治】 前原民主の終焉

“堀江メール”疑惑 民主党・前原代表が国政調査権発動を再要求
「ライブドア」前社長・堀江貴文被告が自民党・武部幹事長の二男に資金提供をしたとされる疑惑について、民主党・前原代表は21日朝、国政調査権の発動をあらためて求めた。

民主党執行部は「情報提供者を守る」という理由からなかなか新たな情報を出せず、苦しい対応が続いている。このままの状態が続けば執行部の責任問題が浮上するのは確実で、前原代表に批判的なグループは水面下で会合を重ねている。“前原降ろし”の動きも見せており、前原代表は今後、厳しい党運営を迫られることも予想される。

一方、自民党・武部幹事長は、民主党に対して「証拠を明らかにする責任と義務がある」と強気の姿勢を崩していない。



鳩ぽっぽにお遍路、そしてジャスコと流れる民主党代表の系譜。その流れに見事に乗ってしまったは前原か、その知的指数は凡人にすら計り知れないものがあるだろう。もはや、この国に与党として責任を果たせる政党は自民党しか残っていない。悲しいかな、民主党は野党としての存在意義すらも問われる事になるだろう。
これだけ本会議を停止して、なお証拠不十分ならば一体どれだけの税金が無に消え去るのか。しかも確固たる証拠も無く、誰もが無視するであろう怪文章を真に受けて、一般人である武部次男の人生を狂わせた罪は非常に大きい。その筋の人間も顔負けな言いがかりは許してはいけない、許した瞬間に政治は死ぬ。

悲しいかな、このままだと前原民主は終焉の時を迎えてしまう。昨年末にアメリカ本土にて、かねてからの持論を曲げず演説したあの姿、新しい若き党首としての可能性を感じさせてものだが、それが何かの怒りに触れたのだろうか、党内い不穏な空気が流れ続けていた。
そして今回の惨劇。折り紙・永田をコントロールできなかった責任も大きいが、それ以上に悪魔の証明へ向かってしまった戦略眼の無さ、そのロジックの崩壊ぶりにはとても国際社会では生き残れる事も、ましてや次の選挙で勝ち残る事すらも不可能だろう。

これが現実、前原も民主党らしい民主党の人間だった訳だ。もつろん次の代表を選ぶ可能性も出てくる訳だが、そうなると最近メディアに露出する機会が多くなってきたジャスコ岡田になるのだろうか。何はともあれ、中共の高笑いが聞こえてくる...
posted by Gandhara at 22:40 | コメント(0) | トラックバック(0) | 愛の日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。