2006年02月15日

【五輪】 メダル0でもよくね?

気が付いたらいつのまにかトリノ五輪が開幕していましたが、日本のメダルは張るか遠い世界に事のようですね。もともと冬季なんてこの程度、あの長野が地元の恩恵を受けまくった結果に過ぎないのです。正直な話、時間の関係もあるとは言えど全然中継を見ていないですね、見る価値も無いかもしれない。

というのも、開幕前に五輪関連の番組や特集を見るだけでウンザリでしたよ。大体、あのフィギュアスケートの選考基準とか何よ、思いっきりスポンサー様のご配慮の賜物って言った感じでしたよね、その時点で萎えまくり。
全く実力も無い奴を無理して持ち上げるなと、世界で結果を出していない奴なんかにメダルを期待するなんてあんまりだ。出てくる奴も出てくる奴で、「メダル取って当然」みたいな事をいうんじゃない。謙虚さを失った日本人が、コレほどまで見苦しいものなのかと...




まぁスノボはやるのでHPは見たんですけど、成田兄弟... o... rz

兄貴も兄貴、前からコイツはクスリでもやっているんじゃねーかって位に逝ってましたが、世界の檜舞台に立ってまで、あんな奇声をリアルにあげられると、ね?
マジであれは奇声で減点されたと思うぞ、いくらなんでもカッコ悪すぎるもん。といってもいくら奇声を上げようが上げまいが、もちろんメダルなんかにゃ手はとどかなかっただろう。本人がいくら納得した滑りでも、あくまでも横との比較だから。
妹は妹で落ちるところまで落ちたな。高度な技でメダルを狙うのはごもっともですが、連続してしっぱいちゃえば元も子もない訳でして、ましてや二回目のアレはもう日本版インリンかと。M字開脚で滑降するメロスペシャル、今年のゲレンデで(ネタとして)流行る事は間違いないだろう。


日本選手が無様な結果に終わって、「残念だったね」とか「次は頑張れ」はおろか、「あーあ」ってため息すら出なかったのは、今回が初めてだと思う。それだけ選手以前に、一人の人間として問題がある奴が多い。そして何よりも、そんな問題だらけの選手に対して厳しい事を言わないメディア、逆に甘やかして恥の上乗せまでするメディア。もうウンザリ...

もう、いっその事メダルはゼロの方が良いよ。

これが現実と受け止め、一から這い上がるしかない。

あの焦土から立ち直ったように...
posted by Gandhara at 06:01 | コメント(2) | トラックバック(0) | 愛の日記
この記事へのコメント
同じく、節義や律儀をわきまえない日本選手には失意を覚えました。謙虚の「ケ」の字もありませんでしたね。特に成田兄弟には別の教育が必要です。

それほど見たわけじゃないですが、女子スピードスケートの岡崎が一番頑張ったんじゃないですか。

そして、カーリングを競技種目に入れる意味が分からん…。
今後、「金」の産出量が減退するようなら、まず廃止にすべき。
Posted by とむ at 2006年02月17日 17:42
雪印やコクドというスポンサーを失って以来、ウインタースポーツを取り巻く環境が激変しましたからね。一部選手にはそれなりの環境も与えられますが、それがタレント然とした勘違いの元凶になっているのではと思います。
たかが一人の天才(実際は変態)のためよりも、競技人口を広げてスポーツそのものを盛り上げる事がよっぽど社会貢献になるとおもいますが、利益追求が行き過ぎた日本の企業にはそれがわからんのです。レベルの低い国内で完結し、井の中の蛙って事が証明されたのですよ、システムから見直さなければなりません。
成田兄弟もアレすが、もう一人の銀板の女王がひかえておりますよ。なぜ彼女が日本代表なのか、某国代表ならば見事キャラとかの国の国民性マッチして、素晴らしい適役になりえたのに。残念ですわ、エヘヘブヒー

岡崎選手の笑顔はたまらない魅力がありますが、彼女を五輪の舞台でまた見るのも悲しくなります。同じくジャンプの原田といい、よく言えばベテラン、実際はロートルにに頼らざるを得ない現状はどうにかしなきゃダメですわ。
彼等の奮闘は確かに素晴らしかったですが、それを上回る若き情熱と言うものの方がみたかったですね。

もう勝つ見込みも無い、明らかに実力差があるのならば、無理して代表を出す必要も無いですね。もうダメぽ...
Posted by Gandhara at 2006年02月20日 01:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。