2005年11月23日

【四輪】 憧れはコペン 

コレが人生。なyyさんのクルマがご臨終目前、冬の車検を待たずして乗り換える事になっったため、次の愛車を求めて某ディーラーへ。第一候補であるMAZDAアクセラがMCしたとの情報を受けてのことだったが、まだまだ時期が時期だけに試乗車や展示車などあろうはずもなく、カタログだけ貰って帰路へ。



そんな帰り道、通りがかったダイハツのお店。いちおう予算内で買える、非日常を感じさせる唯一のクルマって事でコペンを見る事に。もっとも彼も日ごろの言動から、コペンに対して好印象を持っていたのが伺えたので。

見ていて適当に遊んでいると、営業の人がやってきて説明を受ける。ナンバー付きだったので試乗を申し込んだらOK、というよりも凄いのが、15分くらいとはいえ自由に乗り回してきて良いとの事。そんなの初めてのことだし、まぁ2シーター故の事だろう。しっかりと免許のコピーはとってあるからね〜

自分はステアリングを握っていないけれど、これが1500kで買える軽自動車かと驚愕。キビキビした走りは中々良い物だし、なによりコンパクトで扱いやすいモノ。そして驚きなのが電動メタルトップ。なにせ他につんでいるクルマがベンツやレクサスなどの高級車だけに、こいつの存在はあまりにも大きすぎる。

天気が良くないから開けはしなかったものの、やっぱり晴れた日にコイツでドライブできたら幸せだ。メタル故に悪戯や雨漏りとかの心配もそれほど気にするないだろうし、なによりも職人が手がけているってのも萌え。クラフトマンシップを感じる事は、今の時代は貴重な存在だ!


個人的にはコペンだな。こっちの方が単純にクルマに乗るの楽しさ、持つ事の喜びを感じさせてくれる。軽だから税金も安いし、まぁ3年後、5年後にも多少はリセールが付くはず。だいたい、こんなクルマに乗る機会ってのも一生のうち、独パラの今を逃したら40年後くらいになってしまう。たとえ3年でもいいから乗るべき、とは思うけどね。

まぁ、人それぞれの価値観がある。様々な人間、僕よりも身近な周りの人間の意見もあるだろう。確かにコペンは素晴らしい、が2シーターのOPENに乗るには、やはり覚悟は必要だ。はたして薄暗くなった人生に、晴れる日はくるのだろうか?
posted by Gandhara at 23:53 | コメント(0) | トラックバック(0) | 車の雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。