2005年12月22日

【韓国】 特定アジアが世界へ

「特定アジア」国家として扱われる韓国 fromソウル新聞

今, 日本の有名インターネット掲示板には「特定アジア(特亜)」と言う単語が流行中だ。 
特定アジアを韓国、北朝鮮、中国に断定している。この3ヶ国を日本における他の国際社会や外交関係と引き離して考えようという意味の動きの一つだ。市場経済やデモクラシーなど日本とは体制が一致している韓国が、どうして北朝鮮のような一党独裁国家や中国のような社会主義国家のように分類されているのかは、なぜかと考える必要があると思う。 


キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!


この言葉が生まれて早三ヶ月が経過しようとしているが、Googleにおける特定アジアの検索結果も162,000件へと見事に増加。ついには韓国の新聞にて紹介されるようになるに到っては、完全に定着したと言った方が良いだろう。この言葉が広辞苑に載る日は来るのか...?



しかし、この記事全文は東アジア+板スレにあるのでを読めば判ると思うが、実に整理されている内容である。ささいな事ながら、突っ込みたくなる部分があるもの、筆者は韓国人でありながら、日韓を取り巻く政治情勢からネットなどの言論なども実に良く理解している。まさに絶滅危惧種と言って良いだろう。

早急に保護すべきなのだが、そこに筆者が疑問に思っていた、「なぜ韓国は独裁国家である中国・北朝鮮と同列に扱われるのか」という疑問の答えがある。つまり、韓国において親日は過去に遡ってでも批判されるような行為であり、事後立法で裁くという暴挙まで行っている。
もちろん日韓関係を冷静に分析した筆者のコラムは日本人である僕は見るべきものがあると思うが、これをかの国の人が読んだらいかに思うか。親日派としてのレッテルを貼られ、韓国社会で生きていくことが困難になるのは、銀行レースと言っても良いだろう。

世界を冷静に見回せば、反日のような感情は、何処にだって少なからずあるものだ。それがこの三国に到っては狂気と言っていいほど溢れており、これによって自我と保っているのではないかと思うくらいだ。いくら韓国に言論の自由はあるとは言え、日本を肯定することは中国で胡錦濤を、北朝鮮で金正日を批判する事に等しい。だからこそ、民主主義国家である韓国が、中朝と一まとめに特定アジアと呼ばれる一つの原因になっているのである。



もし韓国が「特定アジア」から抜け出すことを欲するのならば、それは反日を克服するしかないだろう。日本に対するコンプレックスが肥大化しているが故に、まともに己のすがたすらも直視できないのが現状だ。いままで日韓が歩んできた歴史、持ちえて来た価値観というのも、じつは日本海溝よりも深いのかもしれない、それほどもでの違いはある。

韓国が兄の国で、という昔ながらの小中華の意識を持つ限り、お互いの存在を認めた対話というものは生まれる事は無く、かの国はいつまでも「特定アジア」から抜け出すことはできないだろう。実は「特定アジア」って言葉は、中華思想と同じ意味をも持っているのではないだろうか。この言葉を解釈するのもも、なかなか面白いものだ。
posted by Gandhara at 03:01 | コメント(0) | トラックバック(0) | 政治関係
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。