2006年03月09日

【日記】 どうぶつの森 play-7

■ DSワイヤレス通信 vol.2

前回は他所の村にお出かけですが、今回は逆に僕の村への来訪者。全く、自分の村に人を招く時はオノの持込を禁止にするべきでしたね。そして、タヌキチのお店にある在庫もシッカリと抑えておくべきかと。いやいや、本当に恐ろしい事になってしまった...

招き入れたのはシューポッポ君となおさん、この二人の関係については日ごろシューポッポ君は可愛がってもらっているのですよ、なおさんに、色んな意味で。んで、僕の村は関所前にトラップが仕掛けてあるので、それに引っかかったなおさん大暴走。アラレちゃん顔負けの走りっぷりで散る花は無残にも、開いた穴は数知れず。ずーーーと監視しっぱなしなので、シューポッポ君の事なんかそっちのけ。

一通り暴れ回った後に、帰宅するため関所へ戻る時に再度トラップに掛かるなおさん。何処で何をしているのか不明だったシューポッポ君が、新しくトラップを構築して見事にはめた訳だ。こんな森で日ごろのお礼をしなくても良いのに、いやぁみ村がハゲ山になるのは時間の問題でしょうね。ご愁傷様...
帰宅後にウチのどうぶつが一言。「なおさんって『オノ好き』って感じだよね」と。確かに日ごろから「アンタたちの村の木を全部切ってやる」と公言してはばからないなおさん、本当にデストロイなプレイをしているのだと。すげぇ、何が凄いのか良くわかんないけどカッコいい!

それにしても、色んな意味で人間性が出てくる森ですな。ある意味で究極の箱庭なんでしょうけど、この森の状況や住民たちの評判からある程度の人間性がわかるのかもしれません。こういうのを分析してみるのもまた一興、サンプルを得るためにも色んな村におでかけしたいものですね。

戻る進む
posted by Gandhara at 03:22 | コメント(0) | トラックバック(0) | 森の生活
2006年03月08日

【販売】 DS Liteの初期不良

悪夢のような発売延期。そして、クリスタルホワイトだけ前倒しで行ったDS Liteの発売から数日が経とうとしているが、無印DSをも含めて入荷数は以前として未定のままである。既に予約件数は初回入荷台数の6倍は超える勢い、ようやく衰えを見せてきた印象である。


それにしても、このような状況は消費者の側に立ち続けてきた任天堂らしくない戦略である。ただでさえDSそのものが供給不足なのにも関わらず、あえて新型を発表したのはどうにか許せたとしても、Liteの延期計画に関してはどうなのかと疑問に思う。どうせ延期するのならば、中途半端にクリスタルホワイトを2日発売にするのではなく、全色まとめて11日発売にすれば良かった物を。正直な話、いつどれを買ったら良いのかが解りにくい、11日になれば別の色を買える可能性もあるのだから予約すべきかしまいか...そう混乱している声が耳に届くのだ。
何故このような事になったのか、ここまで出荷を絞りきったのか当初は疑問に思ってきた。それも今では明確な理由があったのではないかと考えが変り始める。それは現場にいるから感じるのだろうか、この世界で生きている実感が沸く。


初期不良



これは電気製品には避けて通れない道である、ましてや生産まもなくラインにノウハウもない初期ロットならば。そして生産拠点は中国、己の責任を認める事もない労働者が作り、日本製とは同じとは思えない品質。さらに付け加えると、例の生産上におけるトラブル...
今やライバル機といわれる事すら無くなったPSPも、初期不良率は二桁を超えていた。今だって販売台数の割にはクレームの率が多い。そんな悪夢がまたもや来ると警戒してたのだが、今回のLiteで初期不良だとクレームが来たケースは今の所は無し。確かに販売台数は数えるばかりとは言え、ここまで少ないのは意外だ!

ここまで初期不良が少ないのも、やはり出荷数を任天堂が意図的に調整しているのではないだろうか。確かに必死になって並んで買って、いざ蓋をあけてみたら初期不良でどうにもならなかったのならば、そのメーカーに対する信頼は死ぬ。ユーザーを大切にする任天堂だからこそあまりにも低品質な物を弾いたために、この供給不足が加速しているのではないかと思う。
実際に、年を明けてから無印DSは入荷したら即完売という状況になってきたが、それでも初期不良のクレームを受けた事も年明け後は殆ど聞かない。クリスマス前にはPSP程では無いとは言え、比較的多い部類のハードだったのだから。


まぁ、あくまでも一つの現場に立つ人間の目でしかないから、これが全てだとは言い切れない。出荷の遅れている理由なんかは他にも沢山あるかもしれないが、これだけは一つ言いたい。コスト最優先をするあまり、製造業は中国などに偏重しすぎているのではないかと。
もちろん安いには越したことは無い。しかし、誰もが本当に欲しいものは揺ぎ無い信頼感、壊れる事のない高品質だという事を忘れないで欲しい。コストをの大合唱の先にたどり着くのは不良在庫の山、そうならない事を切に願う。

前に戻る次に進む
posted by Gandhara at 03:57 | コメント(6) | トラックバック(0) | ゲーム話
2006年03月07日

【日記】 どうぶつの森 play-6

ポストを開けるとダイレクトメールに加わえて怪文章。そんな事もないのがゲームならではといった感じでしょうが、同一人物からの手紙が何通もあるのはどうも好きになれません。差出人はサルモンティ、最も片方は先日お出かけしたみ村のサルモンティですが。
ゲームのシステム上、その両者が対面することはまず有り得ないでしょうが、もしも出会ったらドッペルゲンガー現象になりますね。となると、死ぬのか...嫌だなぁ、こんな村で葬式をするのは...まぁゲームのシステム的に有り得ない妄想。


とりあえず新しいデザインを何個か作ってみましたので、今回は絵にして部屋の中に展示。この前のフリーマケットで家具をあらかた売りつくしてしまったので、中央の部屋をロビーとして脳内設定、ここで展示会でも開こうかなと思います。
まぁ絵のupは暫くばかりお待ちを。撮影するのも結構手間が掛かるし、それをageるのも色々と処理をしなきゃなんないので大変ですわ。それに時間帯によってはseesaaが重い時もあるので、もうちょいと待っててくださいな。


しかしデザインを8個までしか保存できないのはチョイとばかりキツイ。どうぶつの服用に何個かストックしとかきゃならないし、他所の村に足跡代わりに置いて来る分も確保しなきゃならない。もちろんセイイチが来る可能性もあるので、完全に捨てられる枠もなきゃ厳しい。
やはりこういう場合は新キャラを増やすのが最善ですね。そうすればタンスの中に入れられる物の数が90増加、アイテム回収も効率よく進む事になります。せっかく4人まで住める家なのだから、それを活用しなければ非常にもったいないぞ。という訳で、新キャラはじめました〜


戻る進む
posted by Gandhara at 21:02 | コメント(0) | トラックバック(0) | 森の生活
2006年03月06日

【日記】 どうぶつの森 play-5

■ DSワイヤレス通信

思いもよらぬトラブルのため、本日は他所の村へ出かける事に。場所はシューポッポ君が住むみ村。もっとも、彼が披露してくれたネタそのものは、三村以上に寒々しかった事は内緒だけどね〜


関所から出てびっくりしたのが道路の存在、いちいちデザインしたのか貰い物なのかは不明だけど、道を模したものが村中くまなく張り巡らされている。そこまでやるのはムチャクチャな労力が掛かるだろうに、その情熱を学問に振り向けてられれば、こちら側の人間にはならずに済んだものを...
そして村の形もここまで個性的なのは他にみないだろう。何せ、川が村の北西部から南東に向けて斜めに流れており、二本ある橋も間の中州を繋ぐという恐るべき形。しかも大半の建築物が村の西側に集中しており、店や自宅などにたどり着くのも、関所からわざわざ村を一周せねばたどりつかないという効率の悪さ。これならスタミナが付きそうですね〜


それにしても村のどうぶつは見たこと無い奴ばかりでしたが、最近引っ越してきっと言うサルモンティ、僕の村にもいますがな。しかも彼が来た所が同じくニンテン村ってのも何かの偶然か、これもすれちがい通信が成した結果なのかもしれない。
しかし、本当に村名をニンテン村に設定している人はいるのだろうか。確かに200万も売り上げたソフトだから有り得ると思うが、同じ村名から同じ種類の動物が偶然来る可能性を計算してみると、一体どれだけの確立なのか想像もつかない。それに他所の村から来たどうぶつは、そのも住民の事も話したりするけど、サルモンティに関してはそのような経験は未だ無し。やはりニンテン村は架空の存在か...?


まぁ他所の村のお出かけは良いものです、新たなる発見につまっておりますな。もちろんWi-fi通信もできるのだから、機会があったら是非ともやりたい物ですわ。結局このゲームの本質はコミュニケーション、もっとマッタリと馴れ合いでもしましょうや。眉間にしわ寄せても、世の中楽しくないですぜ...


戻る進む
posted by Gandhara at 22:34 | コメント(0) | トラックバック(0) | 森の生活
2006年03月05日

【日記】 どうぶつの森 play-4

土曜日はフリーマーケットですよ〜!

いつもの事ながら日付がズレまくっているので、日曜ながらのフリーマーケットです。タンスの中の溜まりにたまっていた家具を一気に在庫処分、おかげでソコソコの収入とあいなりました。何だかんだで、家具って溜まるいっぽうですからねぇ、どうぶつにもらったっりで。処分するには最高の機会でしょうな。
また買う側にしても、たとえお目当ての家具をどうぶつが手放さなかったとしたならば、自分の家具をとにかく売りければ回収ボックスに落ちる事だし。中にある家具も再度売れば大もうけ、本当にエゲツ無いイベントです。

面白いのが、どうぶつが意外な物を買っていくという点。本来そのどうぶつに設定された好みなんかを完全に無視して買っていくので、見飽きた他人のお部屋を勝手にプロデュース。村じゅうのお部屋が一気に変貌を遂げるチャンス、感じはじめたマンネリもこれで打破できる事も間違いないだろうね。
もう本当に混沌としてきた感じでしょうか、何も統一性のないどうぶつの部屋に付くハッピールームの点数が、フリマ以前よりも高いという恐怖。一体あの審査会の中の人は、どのような採点基準なのだろうか...

少し問題だったのが、お目当ての家具をもっているどうぶつが、こういうイベント時に限って風邪をひくという罠。今更おくすりをやっても治るはずもなかろうに、門を開けて強制治療。この裏技は何気に使えるね、知ってよかった開放式。まぁ、治っても売ってくれないのが仕様ですが...

やっぱりフリーマケットはアツイ。家具はタヌキチの店に持っていくよりかは高値で売れるので、本当に良い収入になる。だから、家具を貰ったら大切に保管しよう、タンスが足りなかったらタンス用住民を増やせと。そして、僕が持っていない家具をください...と。


■ 本日の戦果

ラブリーソファ (献上用)
タンスの中の空白
合計40000ベル

■ 住民の引越し

IN  ユキ
OUT マール

戻る進む
posted by Gandhara at 23:09 | コメント(0) | トラックバック(0) | 森の生活
2006年03月04日

【杉本】 関わるだけ無駄か。

せっかく反論TBを頂いたのでせっせと新エントリーを書いて送り返した所、TBが弾かれました。その時点でもう関わるだけ無駄かなと思いましたが、わざわざ向こうに新エントリーを書いて再度TBしてもらう辺りに何だか複雑な気分。そっちがTB拒否っているなら、そこでスルーしとけよと。耐性なくって脊髄反射する辺りに、何か酷い既視感に見舞われます...

正直は印象として記事のタイトル通りです。僕の方は今後、貴方と金輪際関わる気もございませんので、どうぞ勝利宣言でもご自由になさってくださいな。今後送られたTBも削除しときますのでね、どうもお騒がせしてすいませんでしたね。

■ 追記 (3月7日 22時更新)

3月4日の昼間にSugimotoと名乗る人物からコメントがあった。文章は本人に似ているももの、実名をあれだけ連呼しているのにメアドはおろかURLすらも記入ナシ。まぁ本人か偽者かはわからないですけどね、今井君の所にも偽者が沸いていたし...

私はトラックバックを拒否などしておりませんよ。あなたがただやり方を間違えているだけでしょう。何でも他人のせいにするのはお辞めになられた方がよろしいかと存じます。


一応こちらはTBが飛ばなかったので、送信テストをした上で書いた記事なのですが。そう、例の記事の前にある【発売】 DS Lite発売の記事だが、日付的に3月2日の20:27となっているが、実際は3月4日の午前0時ごろにupしている。この記事を書き上げると同時に、にほんブログ村のTBセンターにTBを送信しており、事実そのTBセンターには3月4日の00:35付けで該当記事のトラックバックは飛んでいる。僕の送信方法も、seesaaブログのTB送信システムにも何ら問題がない訳だ。

可能性としてはそちら側の問題、色々な可能性も考えられるが...

1. 言及無しTB拒否システム

これはライブドアやFC2ブログには実装されていて、ぜひともseesaaに欲しい機能であるが、その記事へのリンクが張っていないTBは一切受け付けない設定にになっている場合がある。だが、僕が書いた記事はTB送信先記事のリンクは張ってあるので問題外、コレは無しだろう。

2. 禁止ワードに登録?

エログやアフィリエト系のBlogから迷惑TBがあまりにも多いので、それらに関わるキーワードを色々と登録してTB拒否。もちろん、このblogでも設定させていただいております。なにせ削除するのも一苦労、ほっておけばそのTBされた記事のタイトルでこのblogが検索に引っかかってしまう恐れアリ。だって嫌でしょ、エロ画像を探してこんなblogにたどり着いたら...
その機能はライブドアblogにもあるので、たまたま僕のblogタイトルや記事タイトルが、杉本氏の禁止ワードに引っかかったのではないかと。この可能性が一番高いと思いますが...

3. 実は釣りコメント

人のことは疑いたくないですけどねw


確かに僕は人のせいにしがちかもしれませんが、それに関しては「お前もな」と言いたいですよ。だから繰り返した、「鏡を見ろ」と...
もっとも杉本氏は、「自分は絶対に正しい」と思い込んでいるだけの事なのかもしれませんがね。


■ 再・追記 (3月11日 1時更新)

あぁ、偽者扱いして悪かったですね。何せ事の発端のなった今井君のblogにも、コメント欄に今井紀明を名乗る偽者が現れてさ、今井君が「こういうことはやめてください。」っていうエントリーを書いてたじゃん。世の中にはそういう性質の悪い悪戯をする奴もいる事だしさ、そういう奴らの事が嫌いなんでしょ?
だったら、そういう事に対処する手段を考えれば良いじゃん。今井君だって付いたコメントの返信は該当記事のコメント欄にて行うのではなく、本人にしか書けない記事本文中で取り上げると言う方法をとったのだから。全く、卑怯者の事を批判する割には卑怯者の事を何もわかっていないし、とても同じblogを読んでいたとは思えないんですけど...

で、こちらのTB送信方法には何も問題は無かったんですけどね、その件に関しては弁解すら無くスルーしたまんまですね。実に素晴らしい勝利宣言を見させていただきました。本当にありがとうございます。
posted by Gandhara at 02:36 | コメント(2) | トラックバック(0) | blogの話
2006年03月04日

【日記】 どうぶつの森 play-3

時計の針を現実の日時に戻しましたが、季節はすっかり春模様。花に蝶が舞い踊り、川を泳ぐ魚の顔ぶれにも若干の変化が見られる。ついでに村の住民も多少は変ってくれれば嬉しいものの、それは中々うまくいきそうもないこの頃。すれちがい中継がプレゼントキャンペーンになってしまうので、しばらく顔ぶれは一緒なのだろう。

今回は雨天決行の収穫祭、村の特産品であるオレンジ以外のありとあらゆる果物を、全て刈り取ってたぬきちに売りつける一大プロジェクト。何が凄いって何もかもが凄い、本当に凄いのは一時間以上は掛かる恐ろしい時間。その見返りってのがたった200000ベル、されど200000ベル。多いのか少ないのかは、その日のテンション次第という事になります。

時間はかかれど、これで何とかローンの残りを返済。これで自宅が再度拡張されて、新しい部屋が家の右側に増える事に。壁際に家具を置いていたから、中央の部屋の模様替えもしなければならない始末。そして、またハッピールームの採点が下がってしまうのだろうね。

とりあえず、今日はこんな所です。次の拡張は800000ベル超えなんだよね、月末までには何とかなるでしょう。そして明日はフリーマーケット、不要な家具も押し付けねば...

戻る進む
posted by Gandhara at 01:30 | コメント(0) | トラックバック(0) | 森の生活
2006年03月03日

【杉本】 必要なのは鏡

他人の文章をまともに読めない男 @随想 吉祥寺の森から

まず最初に一言申し上げますが...

あなたこそ初歩的な「礼儀」を「ちょっと勉強したら」いかがでしょう。

まぁ、この言葉は、随想 吉祥寺の森からの杉本氏が検定教科書というエントリーについた反論コメントに対する返答なんですけどね、そっくりそのまま返します。少なくとも僕は彼のことを「杉本氏」と呼んでいますけどね、彼からは「この男」呼ばわりですから...
少なくともネット上で「この男」とかって言われた事は初体験ですよ、かの2chに晒された時ですらなかった事。ましてや人様に礼儀を守れって説いている人に言われるとはね、危うくコーヒー拭いてキーボードをダメにする所でした。
それとさ、blogのタイトルでギャーギャー言われたのも初めての事、エントリーと全く関係ないやん。まったく苗字が○○だからって××ってあだ名を付ける子供と何ら変りありません。僕は初等教育からやりなおしますから、杉本氏は幼稚園からやり直すべきですね。

全く、鏡見ろよ鏡!



ここまででハッキリ言える事は、

1. 杉本氏は礼儀知らず
2. その言葉が出たら議論の敗北宣言



さて、本題に入るか...

世の中には根拠不明なまま他人にレッテルを貼り、攻撃を開始する人が多々います。○○認定して攻撃っていうのが一般的なパターンでしょうか、まぁ杉本氏が批判するような匿名で無責任な輩に多いですね。ここのblogじゃないけど速攻で削除しましたが、過去にありましたよ。HNを変えたり、IPを変える(たぶんネットカフェから…)などと、色々と手を焼きましたが。そんな奴の代表的攻撃方法が精神病認定でしたね。

今現在の日本は病んでいます。例えばうつ病の患者数が推定で600万人以上、自分が掛かっても何らおかしくも無い状態です。だけど、実際に自分が精神病かどうかは精神科の診断を受けてみなければわからない、何度も検査して出た結果ならば受け入れられる事もできますが、精神科医でも何でもないただの人、悪意をもった人間の精神病認定など不愉快でしかありませんよ。
実際に回りに精神病に苦しんでいる人、苦しんで人を何人も見てきてるとさ、こういう安易なレッテル貼りをする輩など許せる気にはなれない。件の認定厨による荒らし行為などは結果的に無くなりましたけど、本当に疲れましたわ。

そんな中での、杉本氏による「精神病理学の対象」発言。確かに気持ちは分からなくも無い、あまりにも無責任な発言を行う奴に言ってやりたい位だが、結局はレッテルを張返しているに過ぎないし、実際に言ってしまえば同じ穴の狢でしかない。あの手の誹謗中傷の類は人間が人間である限り決して無くなる事はないだろうと思う。
韓国嫌いなあまり、板違いスレ違いの場所に嫌韓コピペを張り付けまくり、そして嫌韓厨と叩かれる。杉本氏よ、貴方はそんな厨と大差ないレベルですよ。

ヒント:鏡




で、他人の文章をまともに読めない男 ですか...

杉本氏の過去ログを一通り読ませていただきましたが、反論コメントに対して「読解力が無い」と切り捨てるケースが何度かありましたね。どこをどう読み違えたのか具体的に示す事もほとんどないし、相手がヤバイ時だけわざわざ別エントリーを上げて釈明していますよね。

僕のケースは切り捨てずに指摘してくれましたが、僕は少なくとも今井君のblogに寄せられた1000を超えるコメントを一つ一つ読みまけどね。その上で「それらの品格を保った今井への批判コメントはほとんど皆無である。」って意見に違和感を感じて書きましたけど。最初はともかく、少なくとも今井君が復活したあたりでは実にいい感じに議論していましたよ。まさか貴方は2chのスレッドを見た上でこう書いたのではありませんか?


ハッキリ言って...

自分の文章力の無さを他人のせいにしていないか?

普通は寄せてくれたコメントに「読解力が無い」って一方的に切り捨てる事なんかないね。どこがどうおかしいのかキッチリ話し合うし、あまりにも深いならば削除すればいい事だし。それ以前にネットですよblogですよ、誰が読んでいるのかもわからないのだから、誰が読んでも解りやすい文章を書こうとは思わないのですかね。何度も読み違えられるのならば、自分の文章に問題はないのかって考えるのが普通の人間だと思いますね。

だから傲慢と書いたお分かり?




だらだらと長ったらしいけど、最後にこれだけは言っておきますよ。僕は確かに杉本氏と思想面では9割方かち合わない。それでも杉本氏がblogの中で書いてきた記事の中に目を見張る、残り1割の素晴らしい文章があった事も認める。
しかし、悲しいかな。杉本氏の「礼儀〜」や「読解力〜」と言った、コメントの返信などblogを運営する態度は非常に悔やまれる。せっかく実名で良い文章も書いたとしても、そこには品位と作法は皆無に等しく、公共的な議論に参加するには相応しいとは言えない態度であると感じた。
もう少し謙虚になったら素晴らしいblogになるのに、せっかくの才能を無駄にしているとしか思えません。まずは鏡を見ることからでも始めたらいかがですか?
posted by Gandhara at 23:08 | コメント(4) | トラックバック(0) | blogの話
2006年03月02日

【発売】 DS Lite発売

何か凄かったみたいですねDSLite、午後から出勤の僕はお目にかかることなど出来るはずもありません。行列もすさまじくって社員の出勤時に入荷台数の倍は並んでいたそうですよ、せっかく並んだのにも変えなかった人は悔やまれるだろうね。先頭のほうの人なんか前日の深夜から並んでいたそうですね、いくらそこまでして買う価値はあるのだろうかと思いますが、肝心の無印版DSすら品薄の現状、いたし方の無いことかと。

一応、予約はクリスタルホワイトのみ受付を開始したのですが、出勤した時点で入荷台数の倍近くの数が集まっている始末。並んでも買えなかった人の大半が予約していったのだと思いますが、それにしてもあまりにも多い数字に嫌気が差しますね。その後も何度も予約したいって言うお客様が続々と、納期が未定でGW以降になるかもしれないのにほとんどが予約していきますね。最後の方の人に行き渡るのは何時のことやら、任天堂と中国人の頑張り次第だね。

しかし、コレだけ人気なのもどうかと。ヤフオクとか覗いてみたら早くもDS Liteが出品、定価の倍以上の落札希望価格がついているのを見ると、本当に誰がために仕事をしているのかと嫌気がさしてきますよ。本体をパパやママに買ってもらった時の子供の笑顔、幼き声の「ありがとう」の一言がどれだけ仕事の励みになるかと思うとね、こういう転売屋とそれを支えるシステムにはムカついて仕方ない。



次は11日にアイスブルーとエナメルネイビーの発売日ですね。仕方ないから少しでも確実に買うためのアドバイスを送るとします。もっとも、これが通用するのは田舎の駐車場のある店舗で、発売日当日に先着順で整理券を配る店舗のみですが...

何処とは言いませんが、ある店舗では朝の8時の時点でたった3人しか並んでいなかったそうです。もちろん入荷数はそれよりも遥かに多いので余裕で手に入りますが。開店二時間前にてそれだけで、じゃあ行列が出来なかったというとそうでもない。勘のいい人ならもう解りますが、みんな寒いからクルマの中で待っていたらしい。並ぶ人3人、駐車場満杯の異様な光景、ちょっと興味ありますが...

11日の朝が寒ければ寒いほどチャンスですね、しっかり厚着をして待ち時間を潰す物を持っていけばなんとかなるのでは無いでしょうか。あくまでも通用するのは田舎の駐車場の広い店舗、並んでいる人数と停まっているクルマの数が合わなければ迷わず並べ!



最語に一言、

楽して買える手段は無い、並べ...と。


戻る進む
posted by Gandhara at 20:27 | コメント(0) | トラックバック(0) | ゲーム話
2006年03月01日

【動森】 村長プレゼント特別編

■ 村長さんからのプレゼントがまたまた登場!


全国のDSダウンロードサービス!実施店舗で、またまた村長さんから皆さんにスペシャルプレゼントをお贈りします。

今回のプレゼントは、先日の「次世代ワールドホビーフェア」で配布された2つのアイテム、さわって楽しい鉢植え「ピクミン」とF-ZEROシリーズでおなじみの「ブルーファルコン」です。

どちらも通常のプレイでは手にはいらない貴重なアイテムですので、「ワールドホビーフェア」で入手できなかった方もこの機会をお見逃しなく!



イベントにて限定配布したものを再度すれちがい通信にて配る事は歓迎ですよ、田舎モンにゃイベントに家具のためだけに参加するのは非常に困難な事ですから。ましてや「ピクミン」と「F-ZERO」とは渋い所を突くあたり、生粋の任天堂信者にはたまらない物でしょう。

しかし、二週間という期間の長さなのにも関わらず、今回の家具は僅か二種類のみ。あっという間に手に入るし、何ていってもその間は通常のすれ違いが休止というのが何ともつらい所である。限定版の家具よりも、何処の誰かもわからない手紙、一体どんなプレゼントが付くのか、住民の引越しはあるのかと楽しみは多いのに。それが二週間もお預けにするほど今回の家具は魅力あるとは思えない。

(゚听)イラネ


それよりも年末にやったマリオ家具を再度行えと。当時のおいでよどうぶつの森のユーザー数と、今現在のユーザー数の違いはどれだけ増加しただろうか。当然ながら中継所などの増設もあるので、下手な言い方すれば百万人以上もの人が待ち望んでいるのではなかろうか...?

任天堂にはその案件についても考えて貰いたいものだ。

前に戻る次に進む

posted by Gandhara at 04:27 | コメント(0) | トラックバック(1) | ゲーム話

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。