2005年12月30日

【動森】 アキバですれちがい

アキバだアキバよ、またまたアキバ。最近は東京に行くと必ずって言っていい程アキバへ行くのだが、きょうもそんな感じでアキバですよ。しかしデジャヴ、去年の今頃も同じメンツでアキバまで行った様なキオクがあるのだけど、思えばあの日は雪が降っていて寒かっなぁ。

結局アキバにいっても三人それぞれの趣味も買うものも違う訳だから、最初はラジオ会館あたりでお茶を濁すものの、結局は時間を決めて別行動へ。そりゃまぁ別にヲタバレしてっから問題はないけど、もともと群れるのと苦手だから、そのほうが気楽といえば気楽なんだよね。いやはや、これで何もためらいも無く萌えられますわな、やっぱりあのクラスのオーディオの品揃え、北関東では味わえない世界です。萌え☆

まぁ本当の目的はアレじゃないのよ、おいでよどうぶつの森のすれちがい通信。ここに車で池袋駅や新宿駅、山手線に総武線とつけっぱなしなのに関わらず、全然ヒットしないから嫌になっちゃう。ここまでくればどうにかなるでしょと、つーか中継所の場所がココ位しかわからんわな。
結構な収穫、まだ手にしていない果物が入っていたときには思わず叫びかけましたよ。これで後10年は戦える、それは間違いないだろうよ。意外とつかえるかもしれないなぁ、すれちがい通信。まさにギャンブル感覚...

時間が時間なので解散へ。一年前は渋谷に戻って飲みにいったものだけど、そんな懐かしい思い出を胸に秘めて帰路に付く。「あれは学生だったから味わえた世界なんだよ」と自分の胸に言い聞かせて...また今度は飲みたいものですわ...
posted by Gandhara at 23:11 | コメント(0) | トラックバック(0) | 愛の日記
2005年12月30日

【韓国】 ウリナラ忘年会

ゴールデンウィーク以来になるのだろうか、関西からししゃも氏がkemuriのライブのために上京するとの事なので、それに合わせたえという訳でもないが、プチパセフィックな集いになる。

場所は日本とはとても思えない街・新大久保。なにが凄いって、駅の広告看板に平然とハングルが舞い踊り、駅前の駐輪場の看板もハングル、宗主国様の文字、そしてスミの方へイルボンの言葉がある始末。だいたい街行く人のも語尾にニダがついたりと、まぁ何という場所なのか何とやら、大泉とはまた違った雰囲気に生きた心地もしない...
kame氏の案内でレストランに向かうが、こんな感じのお店が大学の近くにあったならばどれだけ良かったことやらと、そこまで感じさせる値段と量。まぁ少食主義者の僕には多すぎたかもしれないが、それでも十分に満足である。

kame氏ですら二月ぶり、ましてや武蔵守氏などは本当に卒業以来なのかもしれないので、思い出話なんかよりも近況報告で盛り上がる。思えばこの数ヶ月の間でも色々とあったものだ、どちらかと言えば暗くなりがちな話題だらけだというのに、こういう時にネ申が居てくれることが、一体どれだけ心の支えになるだろうか。君の天使へ感謝、ネタじゃなくって大満足です。




しかし、それにしても随分と酷い話もあった。本当にコリアンタウンにまで来てコリアンジョークを聞くとは誰が想像できたろうか。しかもネット上には自決用拳銃(通称・;y=ー)があるから良い物の、三次元下のリアルであの斜め上にどう対抗してよいやら...
いや本当に「アメリカが北朝鮮を空爆したらどうしますか?」の問いに、「イルボンを攻撃するニダ」と答える韓国人と同じようなものです。あんな論理、一体どうやったら展開できるものだろうか、本人に確かめてみたいものの、連絡手段なんか既に無いですからね。まぁ関わっただけでも法則が発動しそうなので、どうでも良いのですが...

;y=ー( ゚д゚)・∵. ターン


ただ単にorzなだけです。
posted by Gandhara at 15:04 | コメント(0) | トラックバック(0) | 愛の日記
2005年12月24日

【交通】 ノルマ稼ぎ必死だな

世の中はクリスマスだと浮かれきっておりますが、今の仕事じゃ悲惨な季節が輪をかけて酷くなっていく一方な毎日です。連日ただ単にレジをこなすだけでも十分アレですが、入荷そのものも恐ろしい量が暫く続いたために、すでに疲労は臨界点に達しようとしていますがな...


そんな本日の夜、

白黒ツートンで赤いランプの車に...止められますた...


orz



気づいたら後ろに赤色灯が点いたクルマがつけており、このまま抜く素振りを見せたと思いきや、ハザードランプを点滅させて道路の中央線あたりを走っている。どうにも様子がおかしいので、とりあえず路肩に停車してみると...


「ちょっと息吐いて〜」


キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!



いやぁ、餃子をたらふく食った後、急に呼ばれたから歯も磨いている暇も無かったのに、仕事とは言えお気の毒。確かに居酒屋の駐車場からでてきたけれど、酒臭いのは後部座席に押し込んでいるんだけどね、そんなに臭うものなのだろか。個人的には、酒よりもタバコ臭いような気が...


飲んでないのでお咎めナシですが、いい気分しねぇわな!




まぁ、それでもこんな日にゴクローな事ですわ。確かにクリスマスなんか別にどーだって良いイベントですけれど、やっぱり盆暮れ正月もない仕事ってのもね、大変そうで何よりです。そんでもって営業ノルマもある訳で、例え身分が保障された公務員といえど、割りに合うとは到底思えない。まぁ、がんばんなくってイイよ...商売繁盛されても困るから。
posted by Gandhara at 23:43 | コメント(0) | トラックバック(0) | 愛の日記
2005年12月22日

【韓国】 特定アジアが世界へ

「特定アジア」国家として扱われる韓国 fromソウル新聞

今, 日本の有名インターネット掲示板には「特定アジア(特亜)」と言う単語が流行中だ。 
特定アジアを韓国、北朝鮮、中国に断定している。この3ヶ国を日本における他の国際社会や外交関係と引き離して考えようという意味の動きの一つだ。市場経済やデモクラシーなど日本とは体制が一致している韓国が、どうして北朝鮮のような一党独裁国家や中国のような社会主義国家のように分類されているのかは、なぜかと考える必要があると思う。 


キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!


この言葉が生まれて早三ヶ月が経過しようとしているが、Googleにおける特定アジアの検索結果も162,000件へと見事に増加。ついには韓国の新聞にて紹介されるようになるに到っては、完全に定着したと言った方が良いだろう。この言葉が広辞苑に載る日は来るのか...?



しかし、この記事全文は東アジア+板スレにあるのでを読めば判ると思うが、実に整理されている内容である。ささいな事ながら、突っ込みたくなる部分があるもの、筆者は韓国人でありながら、日韓を取り巻く政治情勢からネットなどの言論なども実に良く理解している。まさに絶滅危惧種と言って良いだろう。

早急に保護すべきなのだが、そこに筆者が疑問に思っていた、「なぜ韓国は独裁国家である中国・北朝鮮と同列に扱われるのか」という疑問の答えがある。つまり、韓国において親日は過去に遡ってでも批判されるような行為であり、事後立法で裁くという暴挙まで行っている。
もちろん日韓関係を冷静に分析した筆者のコラムは日本人である僕は見るべきものがあると思うが、これをかの国の人が読んだらいかに思うか。親日派としてのレッテルを貼られ、韓国社会で生きていくことが困難になるのは、銀行レースと言っても良いだろう。

世界を冷静に見回せば、反日のような感情は、何処にだって少なからずあるものだ。それがこの三国に到っては狂気と言っていいほど溢れており、これによって自我と保っているのではないかと思うくらいだ。いくら韓国に言論の自由はあるとは言え、日本を肯定することは中国で胡錦濤を、北朝鮮で金正日を批判する事に等しい。だからこそ、民主主義国家である韓国が、中朝と一まとめに特定アジアと呼ばれる一つの原因になっているのである。



もし韓国が「特定アジア」から抜け出すことを欲するのならば、それは反日を克服するしかないだろう。日本に対するコンプレックスが肥大化しているが故に、まともに己のすがたすらも直視できないのが現状だ。いままで日韓が歩んできた歴史、持ちえて来た価値観というのも、じつは日本海溝よりも深いのかもしれない、それほどもでの違いはある。

韓国が兄の国で、という昔ながらの小中華の意識を持つ限り、お互いの存在を認めた対話というものは生まれる事は無く、かの国はいつまでも「特定アジア」から抜け出すことはできないだろう。実は「特定アジア」って言葉は、中華思想と同じ意味をも持っているのではないだろうか。この言葉を解釈するのもも、なかなか面白いものだ。
posted by Gandhara at 03:01 | コメント(0) | トラックバック(0) | 政治関係
2005年12月22日

【韓国】 嫌韓流までパクる

■漫画家キム・ソンモさん『嫌日流』出版計画 from日刊スポーツ@KOREA

「ラッキー・チャン」「ヨンジュゴル」「大毛」の作者である漫画家のキム・ソンモ氏(36)が来年2〜3月頃、日本の『嫌韓流』に反駁する本『嫌日流』を発刊する計画で、大変な関心を集めている。

キムさんは、「あまりにも有名だから日本で買って翻訳してみたら、とうてい我慢ならない水準だった。先輩作家たちの方でも動きがなくて、インターネットで「キム・ソンモが『嫌日流』を出せばどうだろうか」という意見があって始めた。最初はラジカルにしようと思ったが、今は歴史資料の提示を通じてソフトにしようと思っている。興味本位で行けば恥かしいことになりかねない」と明らかにした。

現在、「韓日ワールドカップ編」「独島編」まで進行した状態。来年初めに書店用に第一巻を製作し、反応を見て続きの製作を決めることにした。出版前にはインターネットで一部を公開する予定だ。



どう見てもパクリです。
本当にありがとうございました


別にわざわざこんな本を作らなくとも、韓国には反日本は溢れ返っているだろうに。だいたい国定教科書である『国史』は何なのだと、問い詰めるだけ無駄に近いが問い詰めたい。




そのそもマンガ嫌韓流は、日本人の大多数であるサイレントマジョリティに向けられたもの。もちろん韓国批判でもあるが、その本来の主題はマスコミなどに巣食う反日勢力の批判である。

韓国人が既に対話の出来る相手じゃないのはかの国のメディアを読み解けば明らかだが、何故か日本の側にも利敵行為に当たるような事をする人間が少なからずいるのである。
そして、その少数の人間が権力を握り占めている。特に権力の暴走から国民を守るを自負して止まないマスコミが、上辺だけ以下の日韓友好を無理やりに国民に押し付けており、これはオカシイと反論する機会も殆ど与えられいなかった。

そんなメディアに対する不満がネット上の掲示板などを中心に集まっていく。そこで語られ、議論された物などを土台として、マンガ嫌韓流は生まれたのである。マスコミが垂れ流す韓国像と、現実の韓国人にねじれがあったからこそ、その本は生まれたのである。



それに対して、韓国はマスコミだろうが一般市民だろうが基本的に反日。親日派として認定されれば社会的に「死んだ」も同然とされるかの国においては、嫌韓流にインスパイアされた本は、今まで溢れかえってきた単なる日本バッシングの域を抜け出していないのだ。

かの国も、北朝鮮の息のかかった政府や、それに迎合するマスコミなど、日本と同じようなねじれがある事はある。だからこそ、マンガ嫌韓流の劣化コピーも作れたはずなのに、全く見当違いの物も作り上げるのが斜め上クオリティ。例えるとしたら、ヒュンダイレクサスに対抗して、両班向けの猫車ブランドを構築したようなもの...なのか?



もちろん日本語による翻訳版を出版希望する。かの大手作家が真面目になって作り上げたのだから、想像を遥かに超す斜め上ワールドが展開するだろう。当然ながら、銃も弾丸も補充が追いつかない、素晴らしいマンガが出来る事を期待する。

■ 追伸
posted by Gandhara at 01:29 | コメント(0) | トラックバック(0) | 政治関係
2005年12月16日

【恒例】 突発的なオイル交換

こたつよこたつ、この悪魔の巣に取り込まれてしまってから早くも一月以上が経とうとしているけれど、寒さは一段ときつくなってきましたね。車のほうもしっかりと暖気しなきゃダメっぽさ全開で、燃料の消費も何だかなぁって感じですわ。ごきげんよう。


さて、オイル交換です。

今回いれたのはcastrolのXF-08、SL級10W-40の部分合成油。冬場には少し硬いかもしれないけれど、近所のカインズホームで3K超えの商品が、出先のお店で1Kでお釣りが来るというお値段になっていましたのよ。どうせ今入っているオイルも黒くなっていることだし、少し早めの交換と相成りました。


インプレっていう程でも無いですが、やはり純正オイルとは一味違うのか何とやら。そりゃ新しいオイルだもん、エンジンがスムーズに回って言うこと無しですね。まぁちょいと峠や高速に乗れば分かるかも知れませんが、そんな機会も時期的になくなって来るからね。まぁ、性能的には過剰なのかもしれない...orz

ただ値段が値段、自動後退や黄色帽子あたりで同クラスのオイルを入れれば倍の金額はかかってしまう罠。やっぱりオイルは性能の良い物をまめに交換してなんぼ、このプライスはSUMIX並みに圧倒的だ。この際だから、残りのオイルも買い込んでおくのもまた一計。まぁ、他のオイルもいれてみたいからやらないけれど...


しかし、この時期はスタッドレスの履き替えとかが殺到するから、交換するのにも時間が掛かって掛かって、一時間半だなんて有り得ない。他の買い物ついでだったから良いもの、これだけを目的にいっていたら貴重な休日を無駄にしてしまっただろうに...

それにしても、交換しなきゃなんねぇ油脂類が多すぎ、溜め込んでいたらまとめてきやがったよ。分かりきったことなんだけどね、財布のなかは谷川岳上空よりも遥かに寒くなってきやがるぜ。後々の来るツケってのも、本当に大きいものですな。
posted by Gandhara at 22:37 | コメント(3) | トラックバック(0) | 車の雑記
2005年12月14日

【韓国】 SONYが産地偽装

ソニーの「稲沢産」とは何? from 日系BP

さらに、ブラビアの売り場からはソニーの焦りも透けて見える。その象徴が、値札の横に張られた「愛知県稲沢産モデル」と書かれたビラだ。薄型テレビの“産地”をブランド化する取り組みは、シャープの「亀山産」が元祖である。液晶パネルからテレビまでを一貫生産している三重県の亀山工場をブランド化し、「国産だから高品質」というイメージを打ち出した。
一方、ソニーはパネルを韓国サムスン電子との合弁工場から調達し、稲沢工場でテレビに組み立てている。一貫生産ではないにもかかわらず、「シャープの物真似」とも思われかねない産地表示作戦に打って出たのは、何としてでも“韓国製”との印象を払拭したいという、ソニーの崖っぷちの状況を示している。



やり方が随分とキムチ臭いって思ったら、何とまぁ北朝鮮あさり商法と全く同じじゃねーか、SONYさんよ。さすがパクリは半島のお家芸、まったく法則って奴は本当に恐ろしいぜ、ここまで蝕むとは。もうSONYを持つことが恥になってしまう時代が来るのは目の前なのかもしれないなぁ...

確かに昔からデザインは優れているが、耐久性に関してはSONYタイマーなる陰口を叩かれてきた。しかし近年では先進的であったデザイン面の魅力も失い、自社規格の拘るあまりに使い勝手も非常に悪い。もちろん信頼性に関しては言うまでもないだろう...
初期ロットを買うことは自殺行為に等しく、すでに熟成された感もあるPS2でも、新しく追加されたカラーでは、一部再生できないソフトがある始末。まともな改良もできずに、その表面だけをコロコロと変えている様は、カルロス・ゴーンが来る前の日産に近い物を感じる。


自国の文化に誇りを持てないがゆえに、他国の文化の起源を捏造する韓国。液晶大手のサムスンと共同開発した自社製品に誇りを持てないがゆえに、その起源(この場合は生産地)を捏造するSONY。

かの企業もフォースの韓国面に落ちてしまった...
posted by Gandhara at 23:56 | コメント(2) | トラックバック(0) | 愛の日記
2005年12月09日

【洗車】 初スピリット!

前回の洗車から早くも数週間が経とうとしているけど、その間にも汚れがどんどんと蓄積していって、クルマの輝きも見るに耐え難いものになる。そして暇な金曜の午後、すこしばかり風が吹いているようにも見えるけれど、シャンプー洗車でもしてやろうかなと外へ。


1. シャンプー

使用シャンプーはSONAXのグロスシャンプー、前回と全く同じパターンです。パッケージ裏の使用説明には、ボトル底のキャップで20ml云々と書いてあるけれど、確かにミニバンならばそれ位の量は必要かもしれない。だが、所詮は5ナンバーサイズのクーペにゃ半分で十分なのね、思いっきり無駄にしちゃったとですわ。


2. 水垢落とし

当初の予定だとシャンプーで終了だったけど、偶然にも風が止んだ為に洗車続行。本日買ったシュアラスターのスピリットを使用することに。以外にも、この製品を使ってみるのは初めて。研磨剤が入っているって話なので、どうしても使うのに二の足を踏んできたが、やっぱり下地処理はしっかりやらなきゃと実感。こいつは凄過ぎるぜ!

水垢もシッカリと落ちて、塗装面が新しく生まれ変わった感。要するにメイク落としになる訳なんだろうけど、これもサボってちゃお肌に悪いって事なんだろう。作業性も想像していたよりかは楽チンだし、まぁ真面目モードで洗車するならコレは欠かせないだろうな。何で今までノーマークだったと後悔...


3. WAXがけ

すでに辺りは真っ暗、やっぱり夜にWAXがけはする物じゃないですね。ふき取り残しが一杯、何度も鏡面クロスを往復させることになるとはね。ストックしといた現行カラーの鏡面クロスも袋から取り出して使う始末。ダメダメさんです...




ハッキリ言って、洗車は下地処理で大半が決まるね。いくら高い化粧品を使おうが、元の肌の状態が悪ければ美しくない、元は不細工ならば...と全く関係ない話ですか、そうですか。
だけど、手間と時間は掛かるから気楽にできないのが難点だね。シャンプーと同時にスピリットレベルの水垢落としが出来れば随分と楽になるんだけど、まだまだ技術は追いつかないだろう。まぁ、頑張った分以上に輝きますから、それだけでも満足ですよ!
posted by Gandhara at 21:31 | コメント(0) | トラックバック(0) | 車の雑記
2005年12月04日

【批評】 おいでよどうぶつの森

おいでよ どうぶつの森おいでよ どうぶつの森

任天堂 2005-11-23
売り上げランキング : 7,477
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



このゲームをプレイしてつくづくと感じる事がある。それは、この「どうぶつの森」というゲームとは一体どんなゲームなのかを人様に説明するとしたならば、どのような答えが出るのだろうかと。ゲームジャンルとしては育成シュミレーションとして分類されているらしいが、その枠の中では納まりきれないスケール感、夢は人の数だけ溢れている。


さて、擬人化どうぶつが住む村で暮らすゲームな訳だが、プレイヤーがやる事というかやれる事は実に多岐にわたっている。CMでも見える釣りや虫取りなどの男の子的な遊びを始め、化石集めや森の管理など、数え始めたらキリが無いだろう。また、家具の調達によって部屋の模様替えをしたり、自分の服装のデザインなども可能な所は女の子的な遊びとも言うのだろうか。
ともあれ遊び方というのは実に多様であるが故に、そのプレイスタイルってのにも実に個性に溢れていて中々おもしろい。人の数だけ「どうぶつの森」がある、そんなゲームが今まで身近にあったのだろうか...


もちろん独りでプレイしても十分に面白いが、その楽しみが広がるのは他の村との交流以後だろう。髪型を変更するヘアサロンを村内に作るのにも、他所の村人が買い物をするというフラグが必要だし、村によって手に入りやすい物などの設定もあるのだから。
交流手段はゲームボーイみたいな通信プレイがお馴染みだが、今回はネットを通じてプレイをする事が出来るのがまた驚きだ。しかもブロードバンドで無線LANの環境さえあれば、何も申し込みもせずに料金も掛から無いっていうのにも絶句。


まとめるとするならば、このおいでよどうぶつの森は、久々にゲームを楽しんでいる実感が沸いてくる。かのスーパーマリオブラザーズや、ドラゴンクエストVにハマっていたアノ頃の感覚を思い出させてくれる。これをゲームと呼ばずに何をゲームと呼ぶのだろうか?

本物に出会った瞬間の身震い、DSのパネルを閉じた今も感じている...

進む
posted by Gandhara at 01:30 | コメント(0) | トラックバック(1) | ゲーム話
2005年12月01日

【買物】 ニンテンドーDS

B0007XQ3ZGニンテンドーDS グラファイトブラック

任天堂 2005-03-24
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



発売した頃からずっと買おうかなと悩み続けて来たニンテンドーDS。とうとう欲望に負けたのか何がなんだか記憶が曖昧だけどさ、体が自然とレジに向かってしまったぜ、イヤッホォォィィィイ!

やっぱりおいでよ どうぶつの森が決め手だったのかも、さすがにどうぶつの森+だけのためにGCに手を出す勇気なかったし。さらにSFC・64って何度も対戦でお世話になったマリオカートDS、これまで加われば落ちたも同然。そんでもってFF3のリメイクとくれば人生捨てるっきゃないでしょう、一括払いでイヤッホォォィィィイ!

下位互換もしっかり対応、これならGBAで始まるFF4・5・6の移植までプレイできる。GBAを亡くしてしまったため、家のそこらで眠り続けてるソフトも生き生きと蘇らせる事もできるぜ。もちろん来月の支払いの事なんか気にして...るぜ、イヤッホォォィィィイ!




現場で働いていると、自然とDSに興味を持ってしまうんだよね。DSの場合はソフトの回転も良いから、自然と売り場のほうに足が向かっちゃうし、買っていくお客さんも子供から大人まで幅広いそうに受けている。何故か皆がDS持っているからね、やっぱり輪の外におかれるのは寂しいものがありますわ。

逆にPSPのソフトはいまいちパッとしない感じ。まぁ、自分の店じゃ売れていないだけなのかもしれないけどね。もちろんゲーム以外の使い方があるんだけど、ノートPCが一台あれば十分代用できる代物だよ、僕には必要ないな。

後、買っていく層が、妙に日本語がカタコトなんですけど、何ででしょうかね?




で、ソフトがまだ買えない。お金なさ杉...orz

本体だけが枕元に鎮座する、そんな冬の夜に合掌!
posted by Gandhara at 22:35 | コメント(2) | トラックバック(0) | ゲーム話

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。