2005年10月28日

【種死】 PHASE-4


機動戦士ガンダムSEED DESTINY 1 [DVD]

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 1 [DVD]

  • 出版社/メーカー: バンダイビジュアル
  • メディア: DVD





暗礁宙域での追撃戦。先行するインパルスとザク、ゲイツR2機を待ち受けるのはカオス・アビス・ガイアの3機。罠にまんまと引っかかったミネルバは、ガーティー・ルーに後ろを取られるハメに。やられ役のゲイツが何も見せ場も無く撃墜されるあたりに、何らかの強い意思を感じられるが、何とも悲劇的なMSである事は間違いないだろう。原因はたぶん、OSの不調なのか?

砲撃戦兵装さながら、コロニーの残骸にて数に勝るファントムペイン相手に奮戦するインパルス。シンの戦闘センスには新兵らしからぬ物を感じられるが、これもココが旧キャラに邪魔されない最後の見せ場だったのかもしれない。もう、合掌しときますね...

この戦いには、後のザフト敗戦の理由が多分に詰まっている。まず、本人は射撃が下手だと自覚しているのにも関らずガナー使用で出撃するルナマリア。ユニウスセブン落下阻止作戦じゃあ、アスランのヒートホーク捌きを難なくコピーするという、格闘戦のセンスを見せたのにも関らず。
次にレイ。エグザスを相手にしながらも、ミネルバを襲うダガーLをビームライフルで見事に狙撃・撃破している。もし、レイとルナマリアの兵装と作戦におけるポジションが逆ならばと思ってしまう。

最後に凸。小惑星に着座したミネルバをとっさの判断での脱出。タリアやアーサーも脱帽物、見事だったと言うしかない。こんな彼も後にMSへ乗るとヘタレ率が急上昇するハメに。やはり軍内部だけでも、ディスティ二ープランの導入が必要だったのかもしれない...



PHASE-3PHASE-5


posted by Gandhara at 13:47 | コメント(0) | トラックバック(0) | ガンダム
2005年10月28日

【筑紫】 愛国心特集 4夜

筑紫哲也 NEWS23(TBS)

4夜連続企画 シリーズ・ニッポン人 日本人の愛国心


香山リカさんと考える 「ナゼいま愛国心?」

このくにの一部でいつしか吹き始めた排外的なナショナリズムの風―。

中国や韓国の「反日運動」に呼応するかのようにいま、それは静かに広がっているようにみえる。そうした傾向はなぜ、どこから生まれてきたのか。
シリーズ「ニッポン人の愛国心」4夜目は、「ぷちナショナリズム症候群」の著者でもある精神科医・香山リカさんと考える。

このくにの空気、そして温度とは―。



今宵のゲストは香山リカ、ファミコン通信が妙に懐かしかったりする。まぁ、この人はサッカーの
グローバルスタンダードな応援方法を知らずして、若者の「ぷちナショナリズム症候群」と評しちゃう痛さ全開。精神科医という立場を利用して、気にいらないものにレッテル貼りをしながら飯を食っている。まぁ筑紫にお似合いな人材です。


対談そのものは淡々と進む、何とも言いがたいくだらない物。とりあえず、富める権力者が愛国心を利用して、将来に不安を抱く若者をコントロールしようとしていると言ってたが、こんな分析じゃ同じサヨにすら相手にされなくなりますぜ、お二人さん。
だいたい、この国の富める権力者どもの何処が愛国的なのか。銭のためなら国も売る、靖国参拝反対派には経団連の奥田もいますし、地方商店街クラッシャー・イオンの御曹司は岡田民主党全代表もいますけどね。靖国参拝の小泉首相だってアメリカに国を売り渡している状況、誰もが誰もなんだけどなぁ。


若者が不安を抱くげいいん(←なぜか変換できない)を作り出しているのは何処の誰なのか、ハッキリ言って問い詰めたかった。日本国民を独裁国家が拉致したのにも関らず、その救出に動かないばかりか、果ては独裁国家の擁護に回っていた権力者たち。その片棒を担いだいたのも、筑紫を代表とした進歩的メディアだったりする。おのれのような汚い老害が居座る事で、若者の不安が増大すると何故考えられない?



他事総論にて...

あるいは、国を愛しているからこそ、その国の「あり方」について厳しいことを言う人間というのは当然出てくるわけですから、愛国心の表現の仕方には、いろんな「あり方」があるということを認める。ひとつの「あり方」を強制すべきではない、ということも考えるべきだと思います。


まるで自分は愛国者であるかのような発言。だけど、本当に日本を愛している真のジャーナリストならば、東條英機のお孫さんの発言を意図的にカットして放送なんかしませんって。この発言の白々しさ、戦前は戦争礼賛して負けたら戦争全否定という朝日のお家芸、流石だなぁ!

(・∀・)ニヤニヤ


筑 紫 終 了







←3夜に戻る
posted by Gandhara at 04:21 | コメント(0) | トラックバック(1) | 政治関係
2005年10月28日

【迷惑】 史上最強のスパムTB

最近スパムトラックバックが非常に多いです。アダルト系は一時期に比べて減ったのですが、政治関連の記事で酷いのが目立ちます。例えば新聞記者になろうについてですが、僕は朝日新聞の採用情報について記事書いたのに、送られたTBの内容は朝日新聞とNHKがもめた件について。そのBlogを見る限りでは、悪戯で送っているようにしか思えない。Blog主が何をしたいのかさっぱり謎に包まれているのです。

そもそもトラックバックとは... (IT用語辞典 e-Words

ウェブログ(ブログ)の機能の一つで、別のウェブログへリンクを張った際に、リンク先の相手に対してリンクを張ったことを通知する仕組みのこと。

ウェブログ作者が別のウェブログの記事を参照して自身のサイトにコメントを掲載するような場合、元の記事へのリンクを張るのが一般的だが、単にリンクしただけでは元の記事の作者はどこからどうリンクされているのか容易に知ることはできない。トラックバックはリンク元サイトに「このような記事からリンクを張った」という情報を通知する仕組みで、リンク元記事のURLやタイトル、内容の要約などが送信される。トラックバックされたサイトはこの情報を元に「この記事を参照している記事一覧」を自動的に生成することができる。

相手に送信されるトラックバック通知のことを「トラックバック・ピング」(trackback ping)と呼び、通知の送信先を「トラックバックURL」(trackback URL)という。多くのウェブログの記事には隅に「この記事へのトラックバックURL」が記載されている。



解り易くアニメで説明すると...

3分でわかるトラックバック

記事本文中に相手記事へのリンクを貼るのがマナー。人によっては、本文中に自分の記事へのリンクが無ければ全てスパムと認識する方もいますし、それが正しい感覚なのです。僕も自分からTBを送るときは、相手へのリンクは貼るようにしていますね。しかしながら、やみくもにTBを送るのが横行しているのもまた事実。映画やアニメの感想などでは、TBで繋げるのが暗黙の了解となっている節もあります。

それでも最近のスパムTBの中には、明らかに人の記事を読んでいないだろう、そんな感じの悲しいTBが目立ってきました。目的がBlogの記事を書くことによって世界を広げるにではなく、ただ単にTBを送る事が目的となり、意味の無いトラブルを巻き起こしている。これ程まで悲しい事はありません。




本日の【政治】 民主前原に幻滅の記事に付いたJohnny style!靖国問題を考える(2)というスパムTBには唖然としました。記事本文では靖国参拝を違憲判決と言い出す始末、すでに自爆しているのでムチャクチャに長い以下の文章を読む気になんかなれません。
コメント欄んは「TBありがとうございます」という文章が続き、その間にネット右翼からの反論がチラホラと見向けられる。もちろんblog主はそれに応える事はしていないが、一部コメントは俺様ルールで削除しているようですね。


しかし、前原幻滅の理由に...

この裁判を巡る問題では、裁判官の一意見にすぎず何も拘束力のない傍論が一人歩きし、一部メディアにおいて「違憲判決が出た」というウソがまかり通ってしまう事です。自分等の意見を広める為に平然とウソをつく、そんな反日勢力及び反日メディアの暴走に国民の代表である国会議員がいとも簡単に騙される、これは非常に危険な状況です。
ソースに使用した毎日新聞あたりなんかは当初「違憲判決」と記述していたらしいですが、各所からの批判により今は「違憲判断」となっています。こういう特定アジアのプロバガンダ的なメディアも問題だらけなのですが、未だに真実を見抜けないでアホな発言をする前原氏には幻滅いたしました。民主党は何も変わっていない、悔しいけれど次の選挙も自民に入れざるを得ないでしょう、悔しいが...



こう書いたのにも拘らず、それに反論が加えられるまでもなく、一方的に自爆した内容のTBが飛んでくる始末、流石に釣りかと思いましたが、同じく靖国問題について記事があるがんだcantabile♪にまでTBが飛んでいたとは、呆れ果てて物も言えませんね。

さらに呆れたのが、酷いTBスパムがやってきた。 という記事が"Johnny style!" Policy へ批判TBを15:01に飛ばしているのにも関らず、僕のblogには17:43のTB受信。ここまで人の批判を聞かないひとは、炎上すれば良いのにって思う僕がここに居ます。

個人的にTBを送ってもらえるのは歓迎です。たとえ記事本文中にウチへのリンクが張ってなくっても、面白い内容なら必ず返します。それでも、少なくとも同じ内容に関する記事へのTBで、特に僕の記事をしっかり読んでもらいたいのが本心ですが。
だってさ、自分が書いた記事を読んでもらいたいからこそTBを送る訳でしょ。人様の記事さえも読まない人の記事なんか、とてもじゃなが読む気力にはなれません。それが人間っていう物ですから。今回のJohnny style!なんか最悪ですね。友達にあそこまで言われる人間、そこまでの価値なんですよ!


しかし、最初に読んだ時は釣りなんかなって思いました。だけど、数ある過去ログを見る限り同じトラブルを毎度のように繰り返しているし、日記では自分の顔写真と会社(GMO)まで晒している様子。このままじゃあ、2ちゃんねらーにでも目を付けられたら、大きな祭りになりそうな予感もする...

議論がしたいのか、はたまた自己顕示欲の塊なのか...

久々に粗悪燃料を補給しました。



続編に進む→
posted by Gandhara at 03:16 | コメント(2) | トラックバック(3) | blogの話

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。