2005年10月26日

【漫画】 ジパング 6巻


ジパング (6) (モーニングKC (799))

ジパング (6) (モーニングKC (799))

  • 作者: かわぐち かいじ
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2002/02/22
  • メディア: コミック






空母ワプスを発艦した40機に及ぶドーントレス艦爆隊。ヨーロッパで数々の戦果をあげた、名指揮官・ハットン中佐率いるこの部隊の猛攻も、60年後の世界の反撃の前では無力に等しかった。それでもハットンがみせた意地、特攻とも言える攻撃はみらいに直撃し、取り返しのつかない悲劇を生み出した事になる。


菊地三佐の迷い。みらい砲雷長を任された彼の「相手は引くだろう」という甘さが今回の悲劇を生んでしまった。そして、かれの自衛官任官拒否未遂の過去が回想される。一度は「合法であれ、人を殺したくない」と任官を拒否しかけた彼の反撃。それはみらいが生き残る為とはいえ、一つの街にも匹敵する巨大な空母をも海の藻屑とする。戦争が、彼を変えた。
この戦闘によって多くの命が奪われた。それはみらいも変わらない事。そして人はまた変わり行く。過去を悔いても仕方ない、生き延びた自分は、この先も精一杯生きるしかない。これは覚悟のいる生き方、今の平和な日本人には耐える事ができるのだろうか。だからこそ平和を守る為に、戦わねばならないのだろう。すでに侵略者の魔の手は、自分の目の前にあるかもしれない。


片やガダルカナル島。先の撤退でとり残された陸戦隊は多数、それに加えて辻正信が率いる陸軍部隊が加わっての飛行場奪還作戦。しかし史実同様に物資と共に上陸したアメリカ海兵隊に勝てるはずもなく、ジャングルの奥地で飢えとマラリアに苦しむ事となる。
すっかり弱気になってしまった辻を、なんとか説きふせる岡村少佐。その熱い想いは届いたのか良くわからないけれど、考え方が急に変わる辻ってのも(;@∀@)のAAが似合う感じだ何だかな。生き残るのが最大の勝利。確かにそうだが、そう考えられる軍部がいれば先の戦争も少しはマシになったんだが。歴史に鱈は禁物ですな、ハイ




← ジパング 5巻|ジパング 7巻 →


posted by Gandhara at 23:52 | コメント(0) | トラックバック(0) | 漫画感想
2005年10月26日

【漫画】 ジパング 5巻


ジパング (5) (モーニングKC (775))

ジパング (5) (モーニングKC (775))

  • 作者: かわぐち かいじ
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2001/10
  • メディア: コミック





みらいの進路は帝国海軍の一大拠点・トラック島。ひと時の休息の間、陸軍参謀・辻正信に連合艦隊長官・山本五十六、そして草加に角松と、それぞれの思惑が交錯する。役者は十分に出揃った。
その役者の一人である辻正信は。作戦の神様とも呼ばれる陸軍きったの頭脳派だが、史実の彼はいかにも日本の官僚って感じだであり、踊る大走査線THE MOVIE 2に出てきた女管理官に通じるものがある。その彼も漫画のキャラクターとなり、草加が絡む事によってこうも面白くなるものか。こういうのが楽しめる現代も、この敗戦の上に築かれている事を忘れてはならない。


石原莞爾とい人物はご存知だろうか。もちろん歴史教科書にも登場する人物なのだが、関東軍の参謀として満州事変を引き起こした軍人で、本当の意味での天才であると言えるだろう。その著書には戦後の冷戦構造などを見事に予測した程だが、そんな出る杭は叩かれるというのがいかにも日本社会。後に首相となる東條英機と対立し、歴史の表舞台からは消え去る事になる。
そんな石原と、海軍きっての頭脳派(?)である草加が合流。60年後の世界から手に入れた知識を手土産に、ジパング構築のために議論を始める。ようやく幕が上がったばかりだと言うのに、どんどん物語のスケールは広がる。
そういえば、もし石原莞爾が陸軍の主導権をにぎっていたらどうなっていただろうか。歴史にタラ・レバは禁物だけれど、想像するのも中々楽しいものであるけどな。因みに、彼と対立した東條英機、日本の開戦時の首相であり、ハゲ・ヒゲという風貌から独裁者なイメージが付きまといがち。だけど、彼に持っとも似た総理大臣っていうのが、あの小渕恵三っていうのも、ちょっとしたトリビア。


新しい目的地は母港・横須賀、この帰港は山本長官の計らい。そんなみらいを狙うのは空母ワプスを中心としたアメリカ海軍の機動部隊。そして、みらいの随伴艦である伊号潜水艦にも、組織のためにこれを沈めようと画策する滝少佐。相変わらず敵だらけ。
組織か組織。僕も旧軍に性格の似た組織に属したことがあるからわかるが、ああいった外界と組織の中にいると、滝さんみたいな人間が出てくるのも仕方のない事だと思う。外界からは隔離され、人間関係もその組織の人ばっかり。世間を知らず、組織の論理という奴にドップリと浸かってしまい、まるで洗脳されたかのようになる。そこが内部腐敗や硬直化をもたらすのだが、先の大戦の反省はまだまだ足りないようだよ、日本のお役所。もっと反省しる!



← ジパング 4巻ジパング 6巻 →


posted by Gandhara at 23:48 | コメント(0) | トラックバック(0) | 漫画感想
2005年10月26日

【漫画】 ジパング 4巻


ジパング (4) (モーニングKC (759))

ジパング (4) (モーニングKC (759))

  • 作者: かわぐち かいじ
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2001/07
  • メディア: コミック





歴史は変わらずにガダルカナルへ突入する三川軍一中将率いる第八艦隊。史実と同じくと同じく連合軍の護衛艦隊を帝国海軍の十八番である水雷戦で一方的に打ち破り、そして輸送船団には一切手を下す事なく撤退を始める。歴史は第一次ソロモン海戦を繰り返す、ガ島に上陸した角松の思いは届かずに。
歴史を変えるために放たれた1本の矢の名前はサジタリウス。世界で最もリアリストでなければならない職業が軍人、たった1本のミサイルで米軍が撤退するはずもなかろう。そんな脅しに屈するようならば、世界はテロリズムが暗躍するからだ。
そして、このミサイルの存在が、米軍に「みらい」という神のような存在を認識させる事になる。そんな危険を冒してみなければならない相手、そう相手は巨大な国家であり、自分たちはたった1隻のイージス艦でしかない。その一息で吹き飛びそうなパワーバランスが、この物語を面白くする。


歴史は変わった。ガダルカナルへ突入するのは山本五十六が座する戦艦大和。史実では戦う事のなかった帝国海軍の旗艦が早くも登場するとは、これも漫画ゆえの醍醐味であるだろう。世界最強の戦艦による艦砲射撃、それに反撃する手立ては護衛が壊滅した米軍には残されておらず、一方的な大虐殺にもなりかねない状況。
同じ人間としてアメリカ兵の命を守るべく、同じ日本人の乗る大和と対峙するみらい。通信機越しに対話をはじめる草加と角松。その草加の言葉から出た来た「ジパング」という国家観と反発を見せる角松に、ようやく幕があがったのを感じさせる。このパターンこそ、かわぐちかいじの世界だ!


ガダルカナルからの撤退途中、不意のアクシデントにによってアメリカ兵と遭遇してしまった角松たち。これは近代兵器の威力なのか、一方的に相手を瞬時に8人も殺してしまう。たとえ自分や仲間の命を守る為とはいえ、自分達が守ろうとした相手の命を。
平和な日本において、憲法九条という矛盾と共に存在している自衛隊。その半世紀近くの歴史のなかで、誰が戦闘行為によって人の命を奪った事があるのだろうか。もし殺したとしても、人はその重みに耐え切る事は可能なのだろうか。作品では自分たちに使命(?)のためにサラっと流されたが、もう少し深く掘り下げてみれば良かったなと感じた。




← ジパング 3巻ジパング 5巻 →


posted by Gandhara at 23:46 | コメント(0) | トラックバック(0) | 漫画感想
2005年10月26日

【炎上】 sweet☆レンジ

■blog名 sweet☆レンジ (オレンジレンジ信者blog)

■炎上記事 そういえば2ちゃんねるの人って何なの?

■管理人HN カズミ (女・学生)

■最大瞬間風速 コメント(1540) 10月26日現在

■被災状況 2週間で10万HIT目前 一種の才能かと

■鎮火までの日数 現在進行形 とどまる気配なし。


【解説】

まさに燃えるべくして燃えたblogである。解説と同時に2ちゃんねるを批判、これで早くも炎上状態へ。その後も他アーティスト及びファンを侮辱しかねない内容をコメント欄で展開、同じく良心的なオレンジレンジファンからも見放される。
アンチ=アニオタという厨論理によって炎上は拡大。アンチレンジが繰り広げる、オレンジレンジパクリ疑惑攻撃にも、(∩ ゚д゚)アーアーきこえなーいを貫き通すだけでなく、レンジは被害者と頑なに擁護を貫く姿勢は、かえってすがすがしいのかもしれない。

2ちゃんねる批判は百害あって一理なし。2ちゃんねらーは「敵に回す頼もしいが、味方にすると恐ろしい」という韓国軍とは正反対の存在。彼らに噛み付かれて生き残るのは、個人レベルでは不可能に近い。
管理人はネット初心者かどうかは計り知れないが、blog開設と同時に他人を批判するあたり、人間的に問題があったからいずれは炎上していたのかもしてない。だって普通ならば、オレンジレンジの何処が良いのか萌え語りをするのが常道。閉鎖せずに続けるあたり、リアルでは誰にも相手にされていないのかも知れない。


【一言】

人の嫌がる事は辞めましょう、同じ事を人に返されます。
posted by Gandhara at 23:26 | コメント(0) | トラックバック(0) | blogの話
2005年10月26日

【学習】 blog炎上は他人事?

blog炎上


僕がその言葉を初めて聞いたのは、ちょうど一年ほど前あたりかどうか。ミッドナイトパックスなる人物がスマトラ沖大地震の被害者と、イラク人質事件の三馬鹿とを同列に扱った事件あたり、そんな昔の事だ。そのblogは既にスーパー高校生・カレーとご飯の神隠しカリー君によって着火されており、論戦の末にでた発言が上記のものでありプロのジャーナリストとしては見過ごせない内容だった。早くも2chに単独スレが立ち、自らバラまいた個人情報は晒すに晒されて、そのblogは燃え尽きた。

それから炎上するblogは数知れず、ネット上で大きな影響力をもっていた人物でも容赦なく炎上していった。その全てを把握する事は困難だが、最近ではブクロキングのエアロバキバキ・AFでドスンや、及川政治の江ノ電バス運転士侮辱事件など、そのblog管理人の人間性に問題がある炎上が非常に目立ち始めた。なお、その両者は週刊新潮10月27日号にて、◆「恫喝自慢」が大手を振る「ブログ」という名の無法地帯としてメジャーデビューを飾っている。

blog炎上は決して他人事ではない。ここを管理する僕も幾度となく2chにblogを晒された経験を持つし、友人のblogは炎上して閉鎖をあいまった事もある。だからこそ、数々のblog炎上を注視し、そこから炎上を防ぐ手段を学ぶ必要があるのではないか。そのため、当blogは数々のblog炎上を監視していく予定である!
posted by Gandhara at 23:25 | コメント(0) | トラックバック(0) | blogの話
2005年10月26日

【筑紫】 愛国心特集 2夜

筑紫哲也 NEWS23 (TBS)

4夜連続企画 シリーズ・ニッポン人 日本人の愛国心


相変わらず右傾化・右傾化ってうるさいなぁ。だいたい日本に外国人排斥をマニフェストに書いた政党が支持率二桁になったとか、政権与党になったって訳じゃなかろうに。逆に外国人に参政権を与えるという政党が与党から野党までゾロゾロといるじゃねーか。やっぱり左側からみれば中道も右なんだね...



愛国の車窓から 今、右翼に身をおく若者たち

街宣車が大音響で「軍歌」を流し街を走る。車には「愛国」と書かれた大きな文字。街頭の演説でマイクを握り熱く語る「愛国心」戦後60年、節目の年。学生運動などがおさまった今では、愛国心という言葉が少々胡散臭いものになってしまった。こうした時代、思想の対立、愛国心をこの目でリアルに感じることができるのは街宣車右翼ぐらいしかなくなったのも事実だ。

そんな右翼の思想に憧れ、活動に参加する若者たちがいる。はたして彼らの中に「愛国心」が芽生えているのか?今どきの右翼の若者が想う愛国心は右翼幹部たちにはどう映るのだろうか。今と昔、その世代間のギャップから透けて見えてくるものは・・・。

右翼の若者に焦点をあて街宣車に同乗し、時代とともに変貌し続ける愛国スピリットを追う。



ハァ...やっぱり一水会かよ、もうお腹いっぱいだぜ。メディアに登場する右翼団体っていえば一水会、今更って感がむんむんする。今回の内容も右翼に参加する若者か、これもありきたりの内容だよな。例のBBCのとかやればネ申だったのに、つまんねー企画だぜ全く。

街宣活動に街の人が耳を傾ける訳ないだろうが、仕事や遊びで政治ごっこに付きあうほど暇じゃないんだよ。だいたい政治に関心ある奴は街宣右翼とかの胡散臭さには気付いているって。こんかいも紹介はされなかったものの、映像に映っていた右翼のアンちゃん、ありゃ珍走団とどう違うんだ?
市民団体が中核派とかの隠れ蓑になっているように、街宣右翼が893の隠れ蓑になっている事くらい、普通に大人やってりゃわかるわな。

筑紫哲也がアメリカ人の「日本の右翼は行き場がない」って話を引き合い出していたが、それは同意する。だって日本の右翼の主張ってのは極当たり前の内容であり、世界各国の右翼が聞いたら笑い転げるような物。
それに国民は暴力的な手段を使わなくっても、民主主義にによって国に方向性を決められる事に気付いてしまったからな。左翼が後退したように、同じベクトルにある右翼に未来がある訳がなかろう。このキャスターと同じく、滅び行く運命にあるのだよ。



今夜は旧時代の遺物、先日以上にくだらない内容だった。



←1夜に戻る3夜に進む→
posted by Gandhara at 01:18 | コメント(2) | トラックバック(0) | 政治関係

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。