2005年10月17日

【政治】 民主前原に幻滅

もうミンスはダメかもしんね...

靖国参拝:野党各党は一斉に強く反発 (毎日新聞)

小泉純一郎首相の靖国神社参拝に対し、野党各党は17日午前、一斉に強く反発した。中国、韓国との関係悪化への懸念に加え、大阪高裁で9月30日、首相の靖国参拝に対する違憲判断が出された直後の参拝だけに、政教分離の観点からも批判の声が上がった。

民主党の前原誠司代表は同日、衆院議員宿舎前で記者団に対し「極めて遺憾だ。大阪高裁で違憲判決が高裁レベルで初めて出ており、政教分離の原則からも(参拝を)考え直すべき時期に来ている。慎重な対応をしてほしかった」と述べ、無宗教の戦没者追悼施設の早期建設を強く求めた。




まずは毎日新聞の記事...

>>首相の靖国参拝に対する違憲判断が出された直後

む...

首相靖国参拝:大阪高裁、初の違憲判断 職務行為と認定 (毎日新聞)

このニュースの事だが、まぁ事実は事実に変わりないからな...



次に前原代表の発言...

>>大阪高裁で違憲判決が高裁レベルで初めて出ており

( ゚д゚)ポカーン




ポイント: 判断と判決の違い

かの大阪高裁の裁判は非常に卑劣な裁判結果で、司法の暴走と題しても過言ではない内容である。判決では台湾の偽原住民の原告側が敗訴したが、わざわざ裁判官の一意見に過ぎない傍論にて違憲判断としたのだ。もちろん国側は勝訴しているのだから最高裁に上告はありえないし、原告と取り巻きの反日陣営は「違憲」という事実を自分の都合の良いように解釈して、好き勝手に垂れ流している。
もし裁判官が本気で「靖国裁判は違憲」と考えているのならば、堂々と原告勝訴の判決を下せばいいのに、わざわざ最後の最後で自分のイデオロギーを判決に無理矢理ねじ込ませて歪んだ結果にしてしまった。これは司法に関る者として許されない行為である、反省しる!



因みに東京高裁の判決...

参拝は私的、憲法判断せず 小泉靖国訴訟で東京高裁 (東奥日報)

2005年9月29日に出たばかりの判決ですが、私的参拝ならば法的に問題ないという事です。



この裁判を巡る問題では、裁判官の一意見にすぎず何も拘束力のない傍論が一人歩きし、一部メディアにおいて「違憲判決が出た」というウソがまかり通ってしまう事です。自分等の意見を広める為に平然とウソをつく、そんな反日勢力及び反日メディアの暴走に国民の代表である国会議員がいとも簡単に騙される、これは非常に危険な状況です。

ソースに使用した毎日新聞あたりなんかは当初「違憲判決」と記述していたらしいですが、各所からの批判により今は「違憲判断」となっています。こういう特定アジアのプロバガンダ的なメディアも問題だらけなのですが、未だに真実を見抜けないでアホな発言をする前原氏には幻滅いたしました。民主党は何も変わっていない、悔しいけれど次の選挙も自民に入れざるを得ないでしょう、悔しいが...

ウソをウソと見抜けなくても、民主党代表をこなすのは簡単か...


;y=ー( ゚д゚)・∵. ターン



社民・共産・煎餅は...もう解りきった事だからいいよ...

スルーで!


【政治】 小泉首相靖国参拝に戻る
posted by Gandhara at 22:16 | コメント(0) | トラックバック(1) | 政治関係
2005年10月17日

【政治】 小泉首相靖国参拝

小泉首相、靖国神社を参拝 アジア外交への影響必至 (朝日新聞)
http://www.asahi.com/politics/update/1017/005.html

小泉首相は17日午前10時すぎ、東京・九段の靖国神社に参拝した。首相としての参拝は昨年1月以来で、5年連続5回目。同神社では同日から秋季例大祭が始まっており、首相は本殿に昇殿せず、手前の拝殿の前で礼をしてさい銭を投じた。同神社にA級戦犯がまつられていることや、憲法の政教分離原則の観点から首相の靖国参拝については内外に批判がある。とくに太平洋戦争終戦60年の今年は中国、韓国両首脳が強い懸念を繰り返し表明しており、アジア外交に影響が出ることは必至だ。



朝起きたらイキナリこんなNEWSでブッたまげた。何もこんな時期にと思う反面、こんな時期だからこそ参拝する意味があるんじゃないかと思いますが。



まずは...

とくに太平洋戦争終戦60年の今年は中国、韓国両首脳が強い懸念を繰り返し表明しており、アジア外交に影響が出ることは必至だ。


特定アジアを完全に定着化させる気ですか?

夕方のTVニュースでもアジア諸国からの反発と大騒ぎしていましたが、天安門で学生を戦車で潰した独裁国家とか、日本については肯定する事も許されず過去に遡ってまで法で裁こうとしている半島国家からの反発しか報道されていませんが。他のアジア数十ヶ国は一体どんな反応をしめしているのでしょうか、知っていられる方がいたら是非とも情報提供お願いします。

それにしても、つくづくいい言葉だと思った『特定アジア



同神社にA級戦犯がまつられていることや、憲法の政教分離原則の観点から首相の靖国参拝については内外に批判がある。



憲法の政教分離原則の観点でダメ→公明党の存在を否定へ。

靖国参拝よりも、他国にカルト認定されている宗教団体が政権に関る方がよっぽど外交問題ですからね、この辺の矛盾をどうにかしなきゃだな。

A級戦犯の存在についてだが、国内的には昭和28年の遺族援護法改正により名誉は回復されている。それでも彼らをA級戦犯のレッテルを貼り否定したいのならば、再度遺族援護法を改正しなければならない。この法案を無視し続けることは国民主権による立法に対する挑戦だ、民主主義の敵として見なす必要がある!

少なくとも国内の批判者は、↑の点にどう答えるのかな。どいつも「アジアが」とかしか言わない「特アの奴隷」だもんな、僕が納得いく答えをちょうだいよ!


それで、少なくとも特定アジア諸国はベトナムに謝罪と賠償をしてから批判してくださいな。自分の犯した侵略戦争は棚にあげて批判するなんておかしな事ですよ、自分ができない事は人様に要求するなんて何様なんだ、宗主国様のつもりなんだな!




さて...

>>何もこんな時期にと思う反面

もちろん首相の当初の公約どおりに8月15日に参拝してもらいたいのですが、さすがに今年は郵政解散選挙があったから仕方ないと思います。それと微妙に心変わりしたのが、先の大戦は8月15日に全てが終わった訳ではなく、ポツダム宣言受諾後も卑劣なるソビエト軍の千島列島侵略が始まり、多くの日本軍、島民の命が奪われる事になって今でも北方四島は還ってきていません。まだ本当の意味では戦争は終わっていない、だからこそ8月15日に意味を持たせるのはどうかなと最近は思いますね。

>>こんな時期だからこそ参拝する意味

外務次官は待ちぼうけ 日中総合政策対話
http://www.asahi.com/politics/update/1016/006.html

日中両政府の外務次官による第3回総合政策対話は2日目の16日、谷内正太郎外務次官が朝から宿泊先のホテルで中国側からの連絡を待ったが、会合は実現しなかった。この異例の事態について中国側から明確な説明はなく、日本側から戸惑いの声があがっている。


それ以前に向こうに外交努力によって日中関係を改善しようという意志が見られない。かのような、「自分達が宗主国で属国は我々の要求を飲めば良いのだ」という意識が丸見えな訳で、それに対する報復が今回の参拝理由ではないかと思いますね。今回の参拝の服装やルートなんかも、事前に準備をしていた感じには見えませんね。



話は一気に飛びますが特定アジアが本気で靖国参拝を止めて貰いたいのならば、まずはお前らの反日活動をどうにか言いたいです。日本が最近右傾化しててネット右翼なる言葉も誕生する昨今ですが、現実彼らの大半は思想的にはどちらかと言うと中道左派に近いものがあり、愛国心に芽生えたというよりも国を侵害するアレに対する反動が原因でしょう。

そもそも、かの国の愛国心が反日・抗日・克日と密接に関っていて歪んでいるのが問題なのです。他所様に文句をつけるまえに、自分を見つめなおしたら良いでしょう。自分の過ちを棚にあげて相手を批判する、僕的は最も許せない行為ですよ反省しる!



posted by Gandhara at 18:55 | コメント(0) | トラックバック(1) | 政治関係

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。