2005年09月14日

【歌唱】 空気を嫁とは

at カラオケの鉄人 合流:kameさん


■ 序曲

<丶`∀´> 「♪コリアはええで!ケンチャナヨ

<丶`∀´> 「僕はこれを歌うの 韓国がすきなの(某・洗濯機風に)」


初っ端から暴走状態、既に酒は廻るはノムはで停まる事も知らず。


■ 次曲

「KUBOケン三バカV」



やっぱり身内ネタの変え歌はウケは宜しくて、店員に入ってこられると気まずくて...
あぁ、アニソンを熱唱している時以上だよ、だってフリ付きだからさ...





(10分経過)





Σ( ゚Д゚)ハッ


Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)



何...この空気!


「ちょっと、これじゃあブルーハーツとハイロウズしか歌えない雰囲気じゃないの?」

「む、Gandharaさんの頭は甲本ヒロトみたいニダ」

「あぁ、Gandharaはこのメンツの中では異色の人間だからな。持っているCDがクラシックとかばっかに人間がカラオケに来る事事態が(中略)なんだが。」



あぁ、完全にブルーハーツとハイロウズの縛りです。

まぁ空気くらいは読みますよ、知っている曲すべて歌いきるまで読みますよ!

うはwwww10曲くらいしか覚えてねwwwwwww




orz





(数時間後)





会計後、その日の歌った曲の点数が付いたレシートを渡される...



1位 「DANZEN!ふたりはプリキュア(Ver. Max Heart)」

1番で消したのに...

   ||
 Λ||Λ
( / ⌒ヽ
 | |   |
 ∪ 亅|
  | | |
  ∪∪
   :
   :

 ‐ニ三ニ‐




←前に戻る
posted by Gandhara at 21:07 | コメント(0) | トラックバック(0) | 愛の日記
2005年09月14日

【負組】 ホームレスの横で

待ち人こず...

それは変わりない日常の一コマであるが、事前に「10分ほど遅れます」というメールは頂いている。適当に腹をこしらえながら待つのも一興。昔から変わらない世界がここにあった。


待ちきれずに駅の方へと向かう...


途上の地下通路に見えたのは、相変わらずも腰を曲げて、やる気なさそうに手をあげるというサークル伝統の挨拶を貫き通す彼。



「わざわざ改札まで来てくれたんだ。」


と言うものだから。


「約束の10分を過ぎたから帰ろうとしただけだ」

こう返すのがGandhara流


西友。

この店で買出しをするのは今年に入って3度目になるのだろうか。卒業式の二次会、YO!!さんの家にてkameさんとjinx君が作ってくれた焼きソバだかパスタだかよく解らない謎の食べ物。その材料を買いに来たのもこの店だった。そして桜舞い散る花見の時、サークルからあぶれた悲しき後輩どもへの差し入れを持っていったのもこの店だった。そして今、ここに僕と二人で...




(麦を味わう事数時間)



想像を遥かに越える言語、それは揺ぎ無いリアル。あの苦行以上のものを経験していたなんて、思っていはいたが、予想はしていたが...

それでもここに僕と彼がいる。これもリアルの一幕。春のような日差しの中、ホームレスの隣りで大の大人が真昼間から酒を飲んでいる世界。かつて経験した南国の楽園のような感覚に陥ってくる。他人の価値観に縛られず、自由と言う名の休息に、今は存分に溺れさせたまへ。



人の生きる意味

解らない時はお互いをみつめてごらん

それだけでいいんだよ




←前に戻る次に進む→
posted by Gandhara at 15:52 | コメント(0) | トラックバック(0) | 愛の日記
2005年09月14日

【杉様】 森森が帰ってきた

熱帯のスコールのような雨が降り注ぐ6月頃、1人の・人の音信が途絶えた。月が開けて日差しが身体を焦がす7月、僕が生まれた街を去る事になったための挨拶をしたものの、返る事は無かった電子メール。他にも似たような状況はあったものの、それは「アイゴー 差別ニダ」と「謝罪と賠償を求めるニダ」で住むケンチャナヨな存在。それをそうさせなくするのが彼の存在なのだろう、知る人全てに与えた衝撃は計り知れない。

彼は約束された未来よりも、自らの夢を追いかけたカッコいい男なのだが、やはり夢見た・想と冷めた現実の狭間でもがき苦しんでいた。雪の降るあの街で流した涙。その記憶が鮮やかに甦り造く。社会というシステムは、いとも人を変えてしまう物なのだろうか。僕には想像もしたくない世界だった。


今日、長きに渡る沈黙が破られた。主を失い、無残にも荒された掲示板から、可属らしいムーミンのアスキーアートが消されていく。立てられっぱなしだったスレッドに付くレス、コンテンツが順次更新されていく様をリアルタイムで生暖かく見守る。こういう時こそキター(AA略)と、祭りだと叫びたくなる。こちらも書き込みをする前に更新内容を確認する。トゲトゲしくはなったものの、より彼の言葉になっていく。

そして... 

  新着メール受信


キタ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(゚∀゚)゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!!!!


急な決まりだが、今日の昼間から飲む事に。手元にあるお金じゃ大宮までの往復がリミットだけれども、こういう時に使うのが官房機密費であり、プールした裏金だろう。・他は金で買えないが、こういう時に出し惜しみをする事はいかにも愚かな事だ。極限の快楽ならば、東京で飲むことなど...



次に進む→
posted by Gandhara at 01:29 | コメント(0) | トラックバック(0) | 愛の日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。