2005年04月06日

【花見】 春の人間模様

4月6日、たった4年前のアノ日の僕等は出逢った。ししゃもさんと共に、さくらの木の下へ向かい、そこでkame3達に出会う運命のめぐり合わせ。
それは、まだ幼き日々の淡い思い出、このまま一緒に卒業していくなんて、あの時の僕等の誰一人も想像すらできなかったと思う。
それから4年後の今日、その間も春は一緒に桜を鑑賞したアノ木の下に僕はいる。この4年間いだいてきた様々な感情を胸に秘めながら、遠くから新世界を生暖かく見守っていた。


変わり果てた環境、そこには僕の知る顔はほとんどいなくなってしまった。いつのまにか溢れ出す他人の仲に戸惑いを隠さずにいられない。その場にいた誰もが感じていた事だと思うが、これよ春の絶望なのか。
僕の顔に気付き、話し掛けてくれるのはありがたい。寂しさを紛らわすならいくらでも付き合うけど、ここは新入生を歓迎する花見、その新入生も全然いない状況に複雑な気分になっていく。
まさか、これほどにまで変わるところが変わり、変わらないところが変わらずに残り続けたのだろうか...一言で、改悪。


もう少し、新しい世界を演出していたかと予想したが、真逆に何も変わらないいつもの呑み方。正直な話、激しくコールでもしていてもらった方が良かった、だれもがこの集団に見切りを付けられるのだから...
大人しい理由は簡単、サークルの中の小サークルのぶつかり合い。誤解承知で書くが、派閥みたいなのが何個もあって、それぞれが無視をするかのごとくバランスをとっていたようにも見えた。
まさに、他人と他人。お互いを繋げる者は亡く、面倒見の良い先輩も、媚びを売る後輩すら居ない。可愛いどころか、ムカツクという感情すら湧かなくなっている。何故ならば、この場にいる人間誰もが初めましてなのだからかな...?


正直、先輩どうしが仲良さそうに見えない所ってどうかと思うな、僕は違う学校の新入生だけど...
たとえ上辺だけの関係でもいいからさ、仲良さそうに見せなきゃ何も魅力を感じない。先輩たちが仲良くやっていて楽しそうだからこそ、僕たちの楽しい空間を共有したく、かつ同期の仲間と新しい空間を作り上げていきたいと思ったのだから。
まぁ、とりあえず今の状況を改善するか、誰かが辞めていくのか...それは後者の可能性が高いんだと僕は感じてしまった。期待の星はまだ残っているけどね☆




次に進む→
posted by Gandhara at 18:28 | コメント(2) | トラックバック(0) | サークル
2005年04月06日

【ネ申】 捨てられた子犬

ネ申


あの日、あの時にネ申は降臨した。その言葉を信じ突き進んだ先は、敗北だったのかもしれない。己の無力さに泣いたあの日も遠い過去のもの。そして、その結末を昇華できたのもちかい過去のもの。


それなのに、ネ申がいたあの場所で知ってしまった現実は、あまりにも残酷なものだったのかもしれない。
それは誰もが心の中で思い、そして決して言葉にはできなかった。

  _, ._
(;゜ Д゜)



何もかもが信じられない、何も信じたくない。そう思った僕は、自分に光があった運命すらを呪った。知らなければ良かった現実は、容赦なくその瞳に突き刺さる悪夢、いつか歩んできた道すらも忘れ去りたい。
人は人よ、何がおかしいのか、気付くまもなく記憶の片隅さらも消えてゆく...


まさに衝撃だったのかもしれない。人は信じるものを見失うと、いくらでも狂えるのだという現実を見せ付けられた瞬間。ありえない、その言葉が一つで、多くの思い出が過去から消えた。行き着く先は封印すべき闇の中へ...


「アンタ、良かったや〜ん」


誰かの言葉に同意できる僕がいた。そんなふうに思える時が来てしまった事が非常に悔やまれる。


合掌
posted by Gandhara at 15:43 | コメント(0) | トラックバック(0) | 愛の日記
2005年04月06日

【東洋】 武道館の入学式

東洋大学の入学式に参列しました。

まぁ、僕の大学と偏差値的には似たような所なのですが、入学式は全然違いましたね。日本武道館を借り切ってやるんですの、スケールが違いすぎますよ。

総長講話とかっていって、なんか調子のいい聞き覚えの話が聞こえるなと思ったら、塩爺。どうりでフラッシュがあれ程にまで炊かれているかと納得。僕も最大ズームで撮影してみたけれど、暗すぎて綺麗に撮影できませんでしたよ、激しく後悔。

本当、また大学に戻りたいなと思うこの頃。
まさかリアルに戻るなんて、誰が想像していたんだろうね?

ホルホルホル...
posted by Gandhara at 12:47 | コメント(0) | トラックバック(0) | 愛の日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。