2005年03月04日

【愛故】 ネ申へ祝福あれ

夜中に部屋へヒキこもって、janeで2chをしていると、とても凄い電話が来たんだ。


「アニョハセヨ ウリは忙しいニダ」

「もしもし、Gandharaさん?」

「アイゴー ウリの話を聞いたりしる 謝罪と賠(ry」

「ごめん、やっちまったよ。。。」

「チョッパリの分際で生意気ニダ で 何をしたニカ?」



皆は頭を抱えながら、今更釣りと思うけど、彼は絶対に絶対に嘘なんか言ってない。

偽りない、本当の気持ち。
遊びじゃない、真剣なのさ。
未来はない、最後の機会


アンタはネ申だ☆





次に進む→
posted by Gandhara at 22:56 | コメント(0) | トラックバック(0) | 愛の日記
2005年03月04日

【通学】 最初で最後は車

すでに追・再試験も終了してから一月以上は経過しようか、今更ながらの成績発表になったりする訳だ。本当は皆と一緒に、17日あたりに卒業を決める予定だったが、見事に単位を堕とし試験を経て今日に至る。
どうせ最後だからと車に乗り込んで大学へと向かう。もちろん距離にして150km程であろうか、3時間もあれば到着するだろうと思い、気ままにハンドルを東京へ向ける。ガソリンを入れた時点で完全に赤字だが、北の大地でこの先生きのこるには、いつか補わなければならないもの。最後の宴には、良い供え物だ。

以外や電車で行くよりも、早く着いたりするのが謎。それも、雪の舞う冬は平日だろうか、環状八号線があれ程まで空いていたのは、数少ない東京での走行からしても珍しい方ではないだろうかとの自己満足。

どうにか無事に卒業を迎えることも可なのか、単位は取りこぼすことなくコンプリート、完璧。半分白紙で提出したのまで付けるとは、いかに大学側が私を邪険に扱ったのか、そう今だから分かる、さようなら。

最後の日は、タブーもNGワードもなく、心逝くまで飲み明かせる安堵感なのだろうか。それとも、この街で知り合った大切な人とも最後なのかと思ったのか、何がなんだろうかわからない。
けど、この心に空いた...それは?
posted by Gandhara at 17:17 | 埼玉 ☁ | コメント(0) | トラックバック(0) | 愛の日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。