2005年03月03日

【旧型】 機械に負けた

そろそろ旅行の思い出でもまとめようかなと考えてみたんですが、デジカメの使い方が分からなかったりする訳で、文明を否定したくなる気分です。

今から2年くらい前に買った旧いデジカメなんですが、3回位しか使わないうちに親父に貸したままだったりする。
で、旅行に行く直前に返してもらったら、なんと充電器+電池、メモリースティックはおろか、説明書まで亡くされていたりする。

まさか、SONYタイマーが発動する前に、こんな形でダメになるとは思わなかったな。

頑張れば直感でうpできるかもしれないけど、そこまでの気力・体力は残っていません。だいぶ疲れがたっまっているな。。。


日曜は温泉

posted by Gandhara at 23:06 | 埼玉 ☁ | コメント(0) | トラックバック(0) | 旅行紀行
2005年03月03日

【帰国】 夢はまた夢

体を焼き焦がす日差しも、快楽に溺れさせる陽気も、それぼどでもなかった海も全て振りほどいての帰国。寒い日本には、再び冬の景色が鮮やかに甦る。いきなり雪まで振り出すなんて、「今年は暖冬」と言った奴に謝罪と賠償を求めたい気分ですね。

ごきげんよう、寂しい現実

どうやら夢の見すぎのようだったのか、家に帰ると青い封筒に汚い文字で宛名が書いてある。とてもじゃないが見れた字じゃない、そう...自分の字じゃないか、コレは!

卒業よりも先に進路が決まるってどういう気分?

今までそんな経験なんて無いから、何とも言えない複雑な感じだ。
これで卒業できないのも、また一興。。。
posted by Gandhara at 20:13 | 埼玉 ☁ | コメント(0) | トラックバック(0) | 愛の日記
2005年03月03日

【終幕】 みんなありがとう

朝7時代の飛行機、それに搭乗するために最終日は無いに等しい、悲しみよう。ここに来たのもついこないだのようで、随分と長かったような気もする、不思議な感覚。日本に帰ることの寂しさ、悲しさ、飛行機の恐さ...今は何も考えたくない。

思えば、よくもこれだけの旅になったとの感動、これ程にまだありがたいことは無い。セブ島に決めるのにしても、スマトラ沖大地震とかもあった事も思い出す。その前に、候補地を絞り込む話し合いにしても、昼から深夜までファミレスで話し合ったりしてな、どれも大切な思い出。それらも全て、何もかもが思い出の引き出しに重なっていく。今、この場所、この空間さえも...

「なぜ、こんな所にいるんだぁ〜」

その台詞を何度も叫んだ事さえも、ずっと忘れろ事は無い。また、これからも、一緒に思いでを作っていこう、僕等で、そう誓った南国の島...

ありがとう


cab02.jpg


パセフィック☆


最高の友に捧げる...





←前に戻る
posted by Gandhara at 04:25 | 埼玉 ☁ | コメント(2) | トラックバック(0) | 旅行紀行

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。